日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


山室 最初はNGOから始まった。今はスポンサーがついています。どうすれば自分の利益が保護されるかみたいなことを放送している。

 

青木 そのステーションは、どこにあるんですか。

 

山室 神戸にあります。

 

青木 先生のお宅でも聞けますか。

 

山室 聞けます。ローカル・ガバメント情報は兵庫、奈良、大阪、滋賀まで全部入ります。

 

川本 東京でも上野でイラン人向け、ブラジルから来ている日系3世の人たち向けの放送局があります。戦前、アジア各国から、こんなに日本に来ていたことを知り、目からウロコが落ちました。こういう人たちは、大東亜戦争が始まったときには、どうなっていったのか。それと、当時の日本に対して、どういう批判をしたのか、あるいは同調をしたのか。どういう人が多かったのでしょうか。

 

日中戦争中にも留学生はいた

 

山室 戦争が起こったから、日本に対する批判が強まったとは言えないのです。中国の場合、1931年の満州事変後に、留学生が一たん減ったのですが、その後は増える。これはおもしろい現象です。いろいろ理由があるのですが、為替の問題がある。為替が安くなったので、日本に留学しやすくなったことがあります。

それとともに、日本がそういうふうになるのであれば、より強力に日本を研究しなきゃならないという要求が出て、1930年代には、中国で、おそらく現在でも及ばないほどの日本研究の本とか雑誌がいっぱい出る。そのための留学生を送ってくる、あるいは留学生がそういう役割を果たすことになってきます。

留学生の問題には、ヘゲモニーの問題があります。アメリカとの間に、中国の留学生をめぐって、非常にヘゲモニー競争がある。義和団賠償金をアメリカはルーズベルト大統領が全部返還して、アメリカへ留学生をどんどん入れる。宋美齢をはじめ宋兄弟がみんな行きますが、女性教育について、日本はできなかったが、アメリカではできるという条件を整えた。例えば、エール大学に行けば、留学費用を全部見てやるとか、そういう形で毎年800人前後を呼ぶ。1910年段階までは日本が一番強かった。

 

川本 日中戦争が始まった後は、どうなるんですか。

 

山室 始まった後も、留学生そのものは、監視はしますが、強制帰国はさせていない。もちろん帰る人もたくさんいたが、日中戦争、蘆溝橋事件の後に満州国などからの留学生は増えた。

 

川本 つまり日中戦争は、日本という国と中国という国が全面戦争に入ったという戦争ではなかったということですか。日本人女性が中国人と結婚して、向こうに住みついた人が描いている講談社から出版された『異郷』というノンフィクションを読んだのです。その人は日中戦争が始まってから日本に来た留学生と結婚する。昭和17年か、18年に中国に行って、共産党に入っていくストーリーです。戦争が始まっているのに、留学生が来て、結婚して、中国に行くとは、どういうことなのだろうと、よく理解できないんです。

 

山室 その当時、中国は主権国家というか、1つの主権の下に統合されていたかどうかが問題となります。一応、国共合作は成ったんですが、どこを指して中国の主権の主体とみなすかは、よくわからないんです。後には、南京政府と重慶政府と2つの政府ができますし、華北政権も別にあります。幾つも政権があるものですから、ストレートに、どことどこが交戦状態に入っているかは言えないわけです。ですから、日中戦争の時期でも華僑や留学生などの交流はありました。

 

川本 普通ですと、国と国が戦争状態になったら、アメリカにいた日本人が収容所に入れられるみたいになります。日中戦争の場合、日本に、たくさんの中国人がいたことがよく理解できない。

 

山室 公安や警察の監視はついています。

 

青木 上海なんかでは、当時は国共合作といっても、中国人の間ではどっちにつくかがあり、立場としては、日本につく人もいるわけです。

日本の工作にも、日本に好意的な人たちも出てきたから、その辺は非常に複雑でしょう。例えば、チェン・カイコーの映画『覇王別姫』で、北京に日本軍が入って来るでしょう。日本人将軍が京劇に対して理解があったことを示す場面がありました。文化面での日本に対する評価も逆にあったらしい。

19世紀の終わりから、今世紀の初めにかけて中国や他のアジアの国からかなり日本へ留学生が来たが、それをつなぎとめるのが難しい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から