日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


「学都仙台と京都の過去」ですが、私は、仙台と京都にそれぞれ住んだ経験があります。昔、学都であったところが、現在、凋落していることは事実です。なぜ凋落したか。昔、仙台の東北大学も理科系と文系全部一緒にあったため、違う学問を越えたつき合いがあった。京都も、そうだった。しかし、現在では、仙台でも大学が分散して通学に30分とか1時間かかるところに住む。京都も、同じように1時間以上かかるようになってくると、ほとんどそういうつき合いができなくなってくる。結局、今まであったような学徒都市という意味合いが、どんどんなくなってきている。そういう点でいえば、インターフェースの持っている意味は大きいと思います。

 

グローバルとローカル

 

世界都市を、グローバルシティーと言うのか、ワールドシティーと言うのか、どっちにしても、グローバルであるとともにローカルであるという両面性を持たない限りは、魅力はない。その重層性をどの程度つくっていくのか、つくり得るのかどうかという問題があると思います。

世界都市とは、要するに一定期間だけの観光とか、ビジターのための世界都市を問題にしているのか、それとも、世界からやって来て、東京に住むという定住者のための世界都市を問題にしているのかが気にかかっています。もし定住者のための世界都市を問題にするのであれば、参政権や保険の問題等を含めて、いろいろケアをしなければならない条件がある。そう簡単に世界都市になれるのだろうかという懸念を抱いています。

関西では、阪神淡路大震災の後、多国語放送のFM―CO・CO・LOがつくられています。これは毎日24時間放送で、アジアのすべての地域、そして南米などの言語の放送をやっています。緊急情報を流すためのシステムを日ごろから作っている。中国語、韓国語、英語はもちろんですが、タガログ語、ベトナム語、ビルマ語等々もほとんど毎日流しています。逆に言うと、放送することを通じて、人と人とのつながりをつくっていくことがあるのでしょう。ローカル・ガバメント・インフォメーションという時間が必ずあり、奈良県なら奈良県の地域の行政についてのいろいろな問題など各地の情報を流す。NGOの情報も流しています。

NHKは、現在、英語、ポルトガル語、韓国語(ハングル)と中国語のニュースだけやっているようですが、首都圏の場合、関東大震災のようなものが起こったとき、一体どういう情報を流すのか、非常に重要な問題だと危惧しています。

私が大学を卒業して、内閣法制局に入ってつくった法律が、大規模地震対策基本法です。これは現在の地震予知連絡会から始まったシステムをつくった法律だった。そのとき一番問題になったのは、災害が起こった場合に、その程度に応じて、私的所有権をどの程度侵害というか、ある意味で無視して対策をたてられるかだった。70年代、80年代は、まだ有事立法という考え方が強かったので、ほとんどできませんでした。現在は、そういうことができていないと、緊急車両自体も何も動かない問題があります。

グランドデザインという点でいえば、もし災害が起こった場合、その後の再生プランをどうするのかです。神戸の、あの程度の地域であっても難しかった。ましてや東京は、なお難しい。シンクタンクなどで、被害状況に応じたグランドデザインを描いておかないと、まずいのではないかという気がします。人様の土地について、あまり文句を言うことでもありませんので、あくまで蛇足にすぎません。

 

●ディスカッション

 

青木 最終回にふさわしい、総括的なご提言も含めたご報告をいただきました。近代の東京の世界都市のあり方と、東京を考える場合の、アジアとの交流面で世界都市という側面と、その失墜というようなことを、学都、また亡命者の問題も含めて、お話をいただきまして、大変啓発されたところがあったと思います。

ところで最後の関西での多国語放送は、どこがやっているのですか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から