日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


先日、イスタンブール近くで大きな地震があり、日本でもトルコのことが非常に大きく報道された。ショッキングだったのは、偉大なあのイスタンブールの、文明的な建築物が頭にあったにもかかわらず、テレビ画面に映ったのは、中途半端な建築様式で、トルコの伝統的な建築様式ではなかった。トルコ的なものと、近代的なものの、その途中でどこかあいまいに止まってしまったようなもろさを画面から感じました。融合というよりは、途中で止まってしまう難しさ、ものの融合の前に、ナショナリズムとか、共存には相反するものも、文化を開くことで外から入ってきてしまう。この文化を開くことの難しさについてどのようにお考えになっているか。

 

青木 トルコと日本は、いろんな面で比較すると大変おもしろい国であり、文化だと思う。近代で2つの国が示した、世界に対する態度は非常に対照的です。トルコは、オスマン帝国の領土を、ウィーンの近くハンガリーまで拡大した大帝国を築いていた。アタチュルク革命以降、現在のトルコ領土に全部収縮して、1つの国民国家をつくろうとした。しかも戦争はせず外国の支配も受けずに独立国家を保った。日本は、徳川時代の鎖国から、近代になって国を開き、急激に帝国を築いて、アジアの各地へ植民地をつくったり、占領をしたりして出ていった。それが第2次世界大戦の敗戦で収束した。また、ハンチントンの文明の衝突の中で、トルコは東と西に引き裂かれた分裂国家で、日本も東と西に引き裂かれた分裂国家として示されています。分裂という状態は近代国家そのもので、ハンチントンの見方は全く当たっていないと思う。イスタンブールは、1つの世界都市で、帝国の中心であった。国民国家であるトルコの、依然国際的な都市です。東京にとっても参考になるさまざまな例が出てくるかと思います。

 

陣内 イスタンブールは、コンスタンチノープルの時代から、そしてオスマン帝国になって、ずっと東西の交流の要の役割をしてきた。いかに多様な民族の人たちが交流した場だったか、よくわかりました。地理的にもイスタンブールは世界の中心だったわけです。日本を考えると、極東という東のはずれにあり、文化は中国から朝鮮半島を経て日本に来ます。またシルクロードを経てもっと西からも入ってくる。その終点が日本みたいなところがある。どんどん外来文化を受け入れ、主体性を持ちながら、日本らしい文化をつくってきたと思う。歴史的には発信があまりなかった。全くなかったわけではないが、経験が少ないのではないかと思う。戦時中は、大陸を侵略して植民地をつくり、文化などを押しつけた面があります。ところが、今は、ポケモンから始まって、新しいフェーズで、テクノロジーだけで、生活スタイル、価値観、ファッションなどを発信し始めている。藤井先生のお話で世界都市は複数あるだろう、その場合、非欧米で東京は有力な候補だとありました。その場合の東京が果たすべき役割、ポジションは、アジアへどんどん発信することもあるだろうし、欧米に発信することもある。今までになかった、新しい段階での日本のビヘイビアが問われているのではないかと思う。日本の若者も、非常にアジアに関心を持っている。しかし、まだまだアジア理解は足りない。イスタンブールは東西の交流、融合、そして発信という大きなポジションがあった。東京が世界都市となる場合に、どういうポジションがふさわしいのか。

藤井先生から重要な指摘がありました西欧化とか近代化のプロセスも、重要です。日本は、西洋文化を自分の意志のもとにそしゃくして、新しい、近代の文化をつくった。東京の空間を見ていると、最初から丸の内、日比谷、銀座にどんどん西洋のものを入れた。こんなことはアジアやアラブのイスラム圏ではない。トルコは、都市の真ん中にどんどん入れてしまう。しかし、イスタンブールの場合は、旧市街と海を隔てた新市街で、一応ゾーンを分けて近代西洋文化と伝統文化を二重構造にした面もあった。近代化、西洋化のメカニズムの上でのトルコと日本の比較、あるいはイスタンブールと東京の比較もおもしろいテーマと思う。一般的に、日本人は、もともとの文化の体系の中に西洋文化、近代のテクノロジーやセンスを入れてきたと思います。建築様式、都市計画、アーバンデザインといいますか、都市のあり方もそうです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から