日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


この乖離がある。富士山は遠目に限るという言葉がありますが、東京は逆で、近目に限る。近くに、つまり住んでみると、それぞれの生活空間があって、日本人でない人々も楽しんでいただけるわかりやすさとか、いろんな面での改良を加えていくことが1つです。

第2の文化創造発信装置の強化は、非日本人を含めた才能を開花し、育成するという装置が大事です。いかに日本の文化がすぐれていても、ある時期になると、文化の性質上、日本人からだけでは生まれてこなくなると思います。というのは、すごく美しい文化があれば、それをぱっと奪う。それが文化のいいところと思う。だから、ほかの人に奪われるのです。奪われるたびに、また立派なものをつくる。さらに新しい泉を東京につくっていくことがきわめて大事だろうと思います。

第3点は、土地の個性です。東京にはいろいろなすばらしいところがあります。皇居、東京湾以外にも、神田の古書店街などがあります。これは同業集積です。そういう土地の個性を伸ばしていく。同時に新しい個性をつくっていくために、都市に里山などをつくっていく。東京湾等を含めて、そういう夢が随分あると思います。いずれにしても、東京はすばらしいものを持っている。さらにすばらしくしていく大きな原動力は、非日本人と一緒になって東京をつくっていくことです。決して日本の文化がなくなっていくことではない。縄文時代以来の古い文化、すばらしい伝統を日本は持っている。もちろん、いろいろな面での現実とのバランスの問題、ある種の規制などは必要ですので、急激な変化を唱えているわけではありません。21世紀に日本が生きていく大きな方向は、東京が、世界の人にとって魅力のある町になっていくことです。それがひいては日本が世界の中で魅力のある、尊敬される国になっていくことにつながる最も大きなことと思います。

 

青木 大変明確な世界都市東京に対する見方、その条件をさまざまなご経験の上から論じていただきました。世界都市を考える、東京を考えるための大きな基礎的な条件、問題点を出していただいた。それから、オスマン帝国は、日本歴史、世界歴史の知識の中に大きく欠落している。東西冷戦が崩壊した後、世界が民族と宗教によって分裂する、文明衝突的な状態が起こってきた。世界のどの国でも民族や宗教問題は大変です。こうした状況下で、オスマン帝国の多民族政策、多宗教政策は1つの理想を示したという議論が出てきました。それに触発されて、いろんな問題点が明らかになったと思います。ヤルマンさんの論文の中で、パレスチナ問題はオスマン帝国の時代にはある程度おさまっていて、エルサレムは平和的に維持されていた。その後イギリスによる植民地化、その後遺症によって現在のような紛争の地になってしまったというご指摘がありました。西欧中心の世界史を学んできたため、オスマン帝国の持っていた意味について知識が浅い。ヤルマン先生のお話を聞いて触発されるのは、世界を見る機軸が違うということです。日本を高く評価していただいて、新しい視点が展開される感じがします。

研究会のパネラーの先生方に、講演に関連した世界都市論をお願いします。

 

●ディスカッション

 

多様な文化の共存と発信

 

岡本 オスマン帝国時代は、開かれたシステムです。現在、これだけ世界が外に開かれ、ローカル性を大事にしなければ生き残っていけないときに、オスマン帝国時代のシステムが改めて注目されました。イスタンブールに1年ほど滞在して、現代のトルコ社会を中心に見てきました。確かに異文化、多文化の共存という側面と、その調整に苦労している一面がイスタンブールにあるのではないか。例えば、都市が開かれて、文明が多層的に重なっているローマ、ビザンタイン、イスラム、そして西洋の文明に開かれていくことで、物や人だけでなく、アイデアもどんどん入ってきました。文明が重なることで、特に現代のトルコには、西洋からナショナリズムの概念も入ってきました。文化を考えるとき、オスマン帝国とは違った形のナショナリスティックなものの見方も一方で強くなってきているように思います。開かれながら、しかもローカルなものを持ち続けるときに、現代のトルコ社会、イスタンブールという都市の文化の共存についてヤルマン先生はどのようにお考えになっていますか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から