日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


そのためにはソフトと魅力を高めることと思います。世界都市としての東京の大きな強みは、欧米以外で世界都市が必要なことです。従って、それはどこだと考えていくと、ネガティブな側面かもしれませんが、東京が浮かび上がってきます。

 

日本の若者文化の素晴らしさ

 

世界都市は情報的に開かれていなければいけない。その点で東京がすぐれている。最大の弱みは、観光客、長期滞在者を含めて、非日本人の参加が少ないことです。それによる発信力が少ないことであろうと思います。東京の強みは、歴史と伝統が今日まで生きていて、世界的に魅力のある文化を持っていることです。この文化は、単に伝統の文化というだけではなく、日々新しく変わり、生産されている文化だと思います。変わっていく文化に日本のすばらしさがある。その一例が若者文化で、政治、経済を含めて最大の今日の強みの1つと間違いなく言えると思います。若者の文化は低俗であるととらえるべきではなくて、子供の心、若者の心がつかまえられることは、大変なことだと思います。今、国際交流基金が欧米の出版社の編集長を招いて、日本の文学を大いに海外に紹介しようという試みをやっている。イタリアの女性の編集長がおみえになった。彼女の小さな娘が、10日も離れて海外に行っちゃうのは嫌だと言って、言うことをきかなかったらしい。ところが、ポケモンの国に行くと言ったら、それならいいと言った。それで来られたと言っていました。それは小さなことではない、非常に重要なことと思います。

日本の若者文化がなぜすばらしいか。文化空家論を山崎正和さんが唱えています。文化が海外に浸透する大きな特徴は、空家であるということです。確かにおもしろい議論だと思います。ローマの文化がなぜゲルマンに浸透したのか。ゲルマンがローマの文化を吸収したときは、既にローマは空家であった。政治経済の実力を持ちすぎている人の文化を受け入れることは、従属・被従属のような関係が生まれる。空家だと、非常に安心して人々は文化を受け入れるということです。例えば、ポケモンは何だというと、人間ではなく、モンスターで、国際的な抽象化が成されているんです。一種の空家を日本人が何となく見出して、自分たちで楽しんでいる。これは外に売ろうと思ってつくっていない。日本の文化は、この150年間、西洋の文化を、自分の意志で、一生懸命自分の中でそしゃくし続けてきた。その結果、ポケモンが出てきたのだろうと思います。だれから強制されたものでもないし、だれかと競争して出てきたものでもない。そこに大きな日本の文化の強みがある。

東京について言うと、世界のどの大都市にもないすばらしいものが、最低2つあると思います。1つは東京湾です。世界の大都市は海に面していない。香港は海に面していますが、香港の海は汚くて、魚は食べられない。ところが、巨大な都市のすぐそばの海で釣った魚は食べられる。きれいな海がすぐそばにあることは大変なことです。それ以上に大変なことは、皇居です。皇居は、16世紀からのバイオダイバーシティーを、鳥や植物を維持している。千種類ぐらいの植物が皇居にあるそうです。それと伝統的文化をずっと維持している場所を大都会の真ん中に持っていることはすばらしいと思います。東京の魅力は、基本的なところにあると思います。ただ、OECDの対日都市政策勧告が言っているように、都市景観の乱雑さ、狭小な土地区画に見られる規制の不十分さ、都市の拡張の非効率、通勤難などの弱点もあります。いずれにしても、東京はこれまでの基礎があるのですから、科学技術、エコロジー、多様な文化、高齢化といったような、21世紀地球文明の中心的な課題、それに関連してモデル性、提案性というものを持っている都市になれるのです。そういう方向が東京の世界都市になる道であろうと思います。

 

世界都市になる3つのポイント

 

それには、3つポイントがあると思います。1つは、非日本人関連インフラの強化で、これはハードとソフトと両面があります。ハードは、飛行場、ソフトは、英語の使用とか、物価水準等々です。3年前にロンドンから帰ってきて住んでみると、実にいいところです。90年代は旅行者で来て2週間ぐらいホテルに泊まってまた帰っていくという生活をしていたのですが、今度帰って住んでみると、実にいいところです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から