日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


大半の歴史家は、オスマン帝国は、西のイタリアやハプスブルグ帝国などに常に軍事的脅威をもたらしながら、自分たちが治めている土地のほとんどに法律と秩序と平和をもたらしていたという点で同意しています。彼らは国土における正義と公正な行政を最も重視していたことから、自分たちの国をいわゆる「崇高な(あるいは高貴な)帝国」と呼んでいました。そのことはエルサレムにおける彼らの慎重な行政に最もよくあらわれていると思われます。そこにはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の教会(と寺院)が密接にかかわっていました。オスマン政権は、何の信仰であれ、信仰を持っている人たちがきちんとそれぞれの聖地にアクセスできるように、微に入り細に入ったアレンジメントをしていました。こうして、エルサレムは、オスマン帝国のもとで長い世紀にわたり平和が保たれていました。しかし、オスマン帝国が去ってからは悲劇的な経験をすることになります。大英帝国の委任統治のもと、「すべての平和を終えるための平和」と呼ばれたあの行動から、容赦のない一歩一歩を踏みながら、今日のパレスチナとイスラエルのような惨事に至ったのです。

オスマン帝国では、自分たちの帝国の色彩豊かな多様性を歓迎しました。この多様性の効果的管理こそ、帝国統治の目的そのものととらえられていましたので、あらゆる人を招き入れました。ユダヤ人も招きました。ユダヤ人たちは、1492年のカトリック教徒の異常なまでの偏狭さによりスペインから追放され、ここへ招き入れられることになったわけです。オスマンにはコミュニティーをさらに豊かにしてくれるであろうという目算があり、結果、今日なおトルコにユダヤ人は残っているわけです。

このように、文化的多様性にオープンであった結果として、複雑きわまる政治形態、国家ができ上がりました。1896年、イスタンブールに旅をしたエドモンド・デ・アミチスが書いた本は、ゴールデンホーンの入り江にかかっているガラタ橋を通り過ぎていく人々を描写しています。

彼はこう書いています。「イスラム教徒の女が歩いていく。ヴェールをかけた女奴隷や、小さな赤いキャップを頭に乗せて長い髪をたなびかせていくギリシャ女、黒いファレタで全身を覆ったマルタ島の女や、伝統衣装をまとったユダヤ女、色彩豊かなカイロ風ショールに身を包んだ黒人女もいる。トレビゾンドから来たアルメニア女は全身をすっぽり黒い布で包んでいる。シリアの男はビザンチン風の長い外套を引っかけ、頭には金色の縞模様のスカーフを巻いている。グルジア人は…」等々と続きます。カラマニアとアナトニアの、またキプロスとカンジアの、ダマスカスとエルサレムの独特な容貌と服装。ドルーズ派、クルド派、マロン派、テレマコス派、プーマ派、クロアト派等々の教徒たち。「二人として同じ服装の者はいない。ショールで頭をくるんでいる者もいれば、小布を頭に戴いている者もいるし、ある者は未開人のごとくベルトを武器で飾り、中には腰から脇の下まで届く武器もある。マムルーク王朝風のズボンや、膝丈のズボンをはいた者、ガウンや長目の上着を着た者、長いマントを引きずる者、白いアーミンの毛皮で縁取られたケープや金を散りばめたチョッキを着込んだ者、短い袖やちょうちん袖をつけた者、修道士のような衣装、演劇の衣装の者たち、女のような服装の男たち、男のように見える女たち、王子風を気取った農夫たちもいる」。

これは大きなメトロポリスの持つ複雑さで、私が指摘したいのは、この複雑さは今日我々の世界に存在する大きなメトロポリスの抱える状況と似たものであるという点です。大きな都市は皆、避難民、あるいは経済的移民という形で異国人種の流動に直面しています。問題はこれをいかにうまく管理していくかということです。

 

東京:“開かれた文化”?

 

東京に話を戻します。開かれた文化ということです。このような多様性と複雑な民族性、そういう構図は世界都市としての東京にどのように影響を与えるか。この問題には、内的な面と外的な面があります。日本と東京は、日本へ入っていきたいと思っている人たちがどんどん増えている中で、大量のアウトサイダーをほんとうに受け入れるであろうか。アウトサイダーが入ってきた場合、その土地の文化はどのような影響を受けるのか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から