日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


アジア及びアフリカ経由の航路が発見されると、世界の経済はその方向を変えました。貿易活動の中心を成していた地中海周辺のジェノバ、ヴェニス、オスマントルコなどの国々は、ポルトガル、スペイン、イギリス、オランダその他の海洋国家の後塵を拝するようになったわけです。これら特定の国々が当時あれほどまでに活動的だったことは大変驚くべきことです。フランス、プロシァ、オーストリア、そしてロシアが陸上の戦争を起こしましたが、その間、イギリスとオランダは、海上貿易、そして銀行業を通じてますます豊かになっていきました。こうして19世紀には、かつてぬかるみの村であったロンドンが重要な産業都市となった。パリとベルリン、後にサンクトペテルスブルグも、政治的な動乱の中にあったが、西洋ではだれもがモンテスキュー、ボルテール、ルソーなどを読み、その結果、彼らにとっての世界の中心はパリでした。フランス革命によって世界中の注目は、オスマントルコも含め、パリに集まりました。確かにゲーテはワイマールにおり、ヘーゲルはベルリン大学の最大の講義室で講義を行っていましたが、カール・マルクスがフランクフルトから逃れた先はパリ以外にはなかった。その後、「長い逃亡の夜」をロンドンの大英博物館で過ごすことになる。言い変えれば、ドイツにも中心的な都市はなかったわけです。

この間、徳川将軍家はみずからを閉ざした鎖国政策をとっていました。中国の満州人たちはヨーロッパの攻勢にかなうはずもなく、またインドは優勢なイギリスの力により植民地化され、異国情緒の対象と化していました。

世界の体制のセオリーは、経済、軍事、政治、文化の力の組み合わせが、芸術家や思想家、冒険家、そして指導者、イニシアチブをとる人たちがその野心を遂げる地を決定する際の検討事項なのです。これこそが世界の中心を決定していく。経済的、政治的権力が衰退したことで地中海は19世紀に僻地と化し、またロンドンやパリがヴェニスとコンスタンチノープルに代わって台頭してきたのも、世界権力の潮流によるものだった。

 

“世界都市”?

 

では、今日の世界都市はどこでしょうか。ヴェニスもローマも大好きですが、ヴェニスは空家だらけです。かつての栄光の面影だけが、さまよう旅行者をひきつけています。ロンドンやパリも19世紀の栄光をいまだに引きずって、第3千年期にとっての創意の都市はニューヨークと東京です。

ニューヨークは既にそのような世界都市になっています。東京は、まだ想像の段階にあります。これが力の中心をどうどらえるかにかかわる問題だということです。日本年鑑を見ると、世界経済がアメリカ、日本、ヨーロッパに3極化していることがわかります。つまり、ウォールストリートと東京が経済の中心になっています。EUも有望な競争相手ですが、経済の合理化を国の優先順位の上に位置づけるにはまだまだ時間がかかりそうです。また、これは全く実現しないという可能性もあります。多くの国家経済の集合体であるヨーロッパを1つの調整した方向へまとめていくことの難しさに対し、外貨による貿易業者も慎重になっている状況で、ユーロはその誕生以来ずっと下げ続けており、いまだに不確実なプロジェクトのままです。ということから、パリ、ロンドン、フランクフルトのいずれも、経済面では東京にかなうべくもないかと思われます。そうなると、アジアその他からやってくる知識人、アーティスト、音楽家、映画製作者たちは、いわゆる世界都市に集まり、そして世界都市を飾ってくれるわけですから、この人たちにとってはよい知らせ、グッドニュースです。

活動の中心を地中海から大西洋へ、そしてロンドン、ニューヨークヘと移してきた世界歴史の潮流の大変化が、今また新たに始まっているのではないかと思います。人々はそれに気づき、太平洋の世紀という言葉も生まれました。『エコノミスト』誌は、2000年11月18日号で、1999年、アメリカとイギリスは純国際債務国であった一方、ドイツと日本は純国際債権国であったと書いています。アメリカとイギリスは借金で食いつないでおり、ドイツと日本は膨大な投資のための資金源を持っているということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から