日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


例えば、香港中文大学や香港大学の評価制度はイギリス流です。そういう点で国際的な都市です。また、香港市場もある程度注目されているのですが、香港が果たして世界都市かとなると、これは疑問です。香港は確かに国際的都市ですが、世界都市という概念とは違うのではないかと思うのです。

世界都市は、世界の1つの中心になって、政治経済、文化の発信的な要素が求められる。世界を動かすような力がないと世界都市とは呼べません。香港にはそんな力はない。シンガポールも、国際的な大都市ですが、政治、経済、文化、歴史で世界都市の条件を踏まえているかというと疑問です。さまざまな国際スタンダードはクリアしていますが、世界都市と言うには、ちょっと条件が欠けるのではないか。発信性、重み、求心性といったものでは弱いのではないかと感じます。

じゃ、東京はどうか。東京は、世界都市としての条件は潜在的に持っていると思うのですが、都市へのアクセス、空港などの条件、国際的なスタンダードをクリアしているかどうかという点で難点があります。アジアの都市では、北京、ソウル、上海、デリーも、大変貌を遂げようとしています。アジアの都市間のメガ・コンペティションが始まって、あらゆる点で自分たちが世界の中心の1つだと言い出しています。単にマネーだけではなく、さまざまな人を世界から誘致しようとしています。東京は、観光でも、北京、シンガポール、香港、バンコクなどと比べて吸引力が低い。都市としての、あるいは世界第2位の経済的な力を持っている国の首都としての潜在的な力はあると思うですが、それがうまく表現されていない、あるいは引き出されていない感じがします。大変、残念なことです。

最初にハーバード大学のヌール・ヤルマン教授にお話をお願いします。

 

基調講演1]

 

ヤルマン 青木教授とは長年にわたって東南アジア、スリランカ、タイ、その他の国々での仕事を通じおつき合いをしていますが、世界をよりよいものにしていこうと、いろいろ努力をしてきた、そういう仲です。

 

歴史の潮流

 

まずは歴史の潮流を考えてみました。そして世界の体制の変化について考えてみました。西暦1000年に、もし世界の人々に、世界の中心はどこかと尋ねれば、風にさらされた北大西洋岸の、後にマンハッタンと呼ばれる島とは決して答えないでしょう。テームズ川流域の、イギリスにあるぬかるみの村、現在のロンドン、と答える人も、また現在のパリであるセーヌ川沿いの、これまたぬかるみ地帯と答える人もいないでしょう。インドには大きな城もありましたが、しかし中心的な都市はなく、美しい江戸もまた、こういった世界都市の候補ではなかったのです。

ローマは、何世紀にもわたって広大な帝国の中心であったわけですが、後にコンスタンチノープルにその座を譲りました。325年から、カルロウィッツでオスマントルコが初めて戦いに破れた1699年までの間、それ以降にもコンスタンチノープルが世界の中心であったということは、広く意見の一致するところだと思います。そういう意味では、世界都市と呼ぶにふさわしいことになるわけです。世界の歴史でいえば1,400年近くにわたるわけで、東ローマ帝国、ビザンチン帝国、そしてオスマントルコ帝国という3つの帝国がコンスタンチノープルに焦点を当てていたということになります。

これは驚くべきことではありません。かつてビザンチウムとコンスタンチノープルと呼ばれていたイスタンブールは、他に類のない戦略的位置を占めていた。アメリカの不動産業の人は住宅の値段は何よりも場所で決まると言います。コンスタンチヌス皇帝も当然自分の都市を選ぶ際に戦略的なことを考えていたわけです。イスタンブールはアジアからヨーロッパへ行く陸路にあり、黒海と地中海をつなぐ重要な海路上にあります。これによってオスマントルコは、ヨーロッパとアジアとアフリカの主要地(reale state)を支配し、宇宙を所有していると思っていた。イタリアの航海王コロンブスが1492年に新世界を発見すると、物事は変わり始めました。その後も200年ほどは、地中海が人々の注目の的となっていたのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から