日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


青木 東京財団「世界都市東京フォーラム」のシンポジウムをこれから始めます。

東京とは何か、東京は果たして世界的な都市なのか、また東京をどうしたらいいかという問題について、東京財団ではさまざまな角度から研究を進めています。歴史・文化からの考察という比較文化的な見地から東京の現在と将来をとらえること、そして歴史・文化から逆に現在とか将来をとらえる研究会をここで組織させていただき、既に数回にわたって研究会を行ってきました。

そこで、本日は、その研究会の1つの帰結として、ゲストをお迎えして基調講演をいただき、それから我々の研究会のメンバーでのディスカッション、ご列席の皆様からのご質問ないしコメントをいただき、問題を発展させていきます。

最初に、きょうのゲストをご紹介させていただきます。ハーバード大学のヌール・ヤルマン教授です。ヤルマン先生は、これまで日本に何度もいらして、朝日新聞の21世紀委員会の委員も数年お務めになりました。もともとはイスタンブール出身のトルコ人です。ケンブリッジ大学で社会人類学を修め、博士号を取って、ケンブリッジ大学の講師、シカゴ大学の教授を務めた後、ハーバード大学教授にご就任になって、もう30年近くになると思います。ヤルマンさんを世界的に有名にした研究は、「アンダー・ザ・ボートリー」という、スリランカの高地の村での研究です。これはユーバーシティ・オブ・カルフォニア・プレスから出ました。当時、私は大学院で人類学の勉強をしていて、中根千枝東京大教授のセミナーに出席していたら、中根先生から、すばらしい本が出たと読まされた経験があります。1978年にフルブライトの研究員として私もハーバード大学に研究留学をしたときにお会いして、それ以来のつき合いです。ヤルマンさんは、ハーバード大学きっての有名教授で、アンダーグラジュエートの講義には1,000人ぐらいの学生が詰めかける人気です。

そのほか、トルコを代表して、バチカンでの会議、ギリシャとトルコの仲介などの会議に出席したりしています。人類学者にとどまらず、トルコきっての国際人、外交的な学者として大変なご活躍をされています。

藤井宏昭先生は、現在、国際交流基金の理事長をされており、日本の誇るベテラン外交官です。これまでアジア、ヨーロッパ、アメリカに赴任され、イギリス大使、タイ大使を務められました。パリ、ニューヨーク、ワシントンDCにもお勤めになりました。私たちも、文化政策研究の有益なご助言をいただいているわけです。これまでのさまざまな任地でのご体験、ご識見を踏まえて、世界都市東京についてのご提言をしていただきます。

それから、歴史・文化的視点からの「世界都市東京フォーラム」のメンバーをご紹介します。

政策研究大学院大学の岡本助教授は、若い気鋭の文化人類学者で、特にトルコとイギリスの専門家です。

法政大学の陣内教授は、都市と建築論の世界的な学者です。

川本三郎さんは、文芸評論家、映画評論家として大変な業績を上げています。東京については『荷風の東京』で読売文学賞を受賞されました。

森まゆみさんは、『森鴎外の坂』の研究など東京論で数々の賞を受け、我々の研究会では、日暮里の再開発について貴重な報告をされています。いろんな外国人が今や日本に住んで、東京を再現するさまざまな試みを行っている様子についての貴重な報告をしていただきました。

東京財団会長の日下公人さんは、偉大なスポンサーで、「世界都市東京フォーラム」のアイデアを出した人です。

 

世界都市への潜在力を持つ東京

 

最近、バンコクと香港に行きましたが、香港の空港と香港市内を結ぶエアポート・エクスプレスのすばらしさを再認識しました。成田へ帰ってくると憂欝になります。成田空港の利用のしにくさ、都心に一体どう入ろうか、それだけでもう憂欝な気分になります。それに対して、例えば、シンガポールヘ行くというと、あのチャンギ空港を思っただけで心が踊ってくる。不便な空港を持った東京は果たして世界都市なのか。香港は、空港へのアクセスはいいし、国際的なさまざまな人が住んでいて、英語が通じます。またインターナショナル・スタンダードをいろんな点でクリアした制度、組織大学もあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から