日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


三浦朱門の『武蔵野インディアン』という小説によると、中央線の小金井から先は、もともとは江戸と関係のない人間が住んでいた、いわゆる「シルク街道」で、横浜とのつながりが強かった。三多摩は、明治の最初は東京都ではなく、横浜との縁が強かったので、神奈川県でした。日清戦争のときに、国家の政策で東京都に組み込まれるわけで、三多摩の人たちは、自分たちはもともとは東京の人間ではないと主張している人たちの物語で、新たに家をつくる人たちを批判する。自分たちはネイティブで、新東京人たちに搾取されているという。これまであまり言われていなかった視点で、東京という町が、常に対立関係で開発が進んでいくということを示しています。

黒井千次さんの小説に『たまらん坂』という短編があります。黒井千次さんは武蔵小金井に住んでいて、あのあたりを舞台にした小説をずっと書き続けている。「たまらん坂」は、実際に国立市と国分寺市にある坂の名前です。あるとき主人公が、多分、このたまらん坂というおもしろい名前にいわれがあるだうと思って、いろいろ物語を自分の中でつくってみる。新田義貞の時代に、戦に敗れた落ち武者が坂を上っていて、「たまらんたまらん」と言ったからついたとか、いろいろ考える。図書館に行って調べると、古い由来は何もなくて、最近になって近くに学校ができて、遅刻しそうな学生たちが駆け上がっていくところからたまらん坂という名前が付いたということです。郊外には谷・根・千のような歴史的物語性が全くない、ルーツというもののないところに住むことになった郊外生活者の悲しみみたいなものを描いています。

 

東京の特色・盛り場

 

4番目は「盛り場」です。住宅地とは別に盛り場という第三の空間があります。盛り場は東京の特色ではないかと思う。しかも、盛り場が幾つもある。銀座、新宿、池袋、渋谷などあらゆるところに盛り場がある。それが家と働く場所との中間にあって、大きな役割を果たしている。その盛り場に、現在、アジア人の女性とか、台湾、中国の辺りからたくさんの人間が入り込んでいる。一種のグローバリゼーションが盛り場で起こってきて、次第に周辺の住宅地にも波及している現象があります。

最後に、もう1つ空間として加えて留意しておきたいのが、最近注目されている湾岸のエリアです。私もどう解釈していいのかわかりませんが、これからの東京の1つの重要な空間として注目はしておきたいと思います。

 

●ディスカツション

 

ダウンタウンと盛り場

 

青木 英語で盛り場って何と言うんですか。

 

陣内 例えば、バスリング・プレースと訳した人もいる。つまり、にぎわっている場所。ただ、それは無理やり合わせて直訳しただけにすぎなくて、彼らは使っているわけではない。それから、エンターテイメント・ディストリクトという訳もあります。

 

川本 和英辞典を引くと、アミューズメント・クォーターと訳していますが、無理やりに訳した感じです。

 

陣内 「繁華街」も、日本語はよく使いますが、これも、ぴったり対応する欧米の言語はない。中国語がたん能な人に聞いても、中国語にもぴったりくる訳語はないという。

 

青木 下町のダウンタウンと使うが、ダウンタウンを下町と訳すのがおかしい。

 

川本 マンハッタンの場合、ダウンタウンと言ったら、ロールストリートの辺りも指すからおかしい。

 

陣内 ビジネスの空間が全部入りますので。

 

青木 東京の場合はっきりとしています。

 

陣内 日本の都市は、小さなところでも盛り場があります。欧米は、パリやニューヨークに近いものはあるが、どんな小さな町にもあるのが日本の本質的な特徴だと思います。

 

川本 この間、オリンピックでシドニーに行った人たちから話を聞くと、シドニーには盛り場はほとんどなかったということで、あっても小さくて、井の頭線の駅の周辺ぐらいしかなかったと必ず言います。

 

岡本 タイの屋台が出ているようなところはどう呼ぶんですか。盛り場でもないが、一種そういう空間です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から