日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


電車の郊外・私鉄の郊外

 

中央線の発達は、関東大震災後で、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪と駅が次々に開発されて、周辺が住宅地になっていきます。この郊外には、3つのタイプがあり、最初に発達してくる郊外は、中央線の沿線に沿った町です。高円寺、阿佐ヶ谷、中野、荻窪の辺りです。私は「電車の郊外」と呼んでいます。「電車の郊外」の特色は、電車の駅が、町の中心です。ですから、東京という町のミニチュア版が郊外の町に1つ1つつくられていく。電車の駅が中心になって周辺に商店街があり、その奥に住宅街がつくられていく。谷・根・千の町とは違う形のまちづくりです。

「電車の郊外」のバリエーションとして、「私鉄の郊外」があります。渋谷から出ている東横線の沿線、新宿から出ている小田急線の沿線とか、私鉄電車が住宅地を開発してできた郊外で、微妙に国電の「電車の郊外」と、私鉄の郊外は違います。「私鉄の郊外」が、関西の阪急電鉄沿線と同じように、ややハイカラという感じがします。

 

歴史のない車の郊外

 

3番目の郊外は、「車の郊外」で、これは高度成長の後にできてくる多摩ニュータウンをはじめとして、車社会になってから生まれた新しい郊外です。これが今、問題になっている。車を持っていないと生活が成り立たないという殺風景な郊外住宅地です。金属バット殺人事件とか、いろいろな問題が集中的に起きているのがこの「車の郊外」です。

明治末から大正にかけての郊外を考えると、最近気になるのは、軍隊のことです。戦前までは、軍隊が歴然としてあり、その軍用地が、東京の郊外にどんどんとつくられていく。

その軍用地が、その後どういう変遷をして現在に至っているか。例えば、六本木という町を考えますと、現在、悪い意味のグローバル化が進んでいる。今は「東京租界」と呼びたいような雰囲気のある町ですが、東京の郊外であったため、陸軍の歩兵連隊が次々とつくられた。2・26事件を担った歩兵第7連隊とか第6連隊です。六本木は、戦前は軍隊の町だった。その軍隊の町が、戦後米軍に接収されます。米軍の接収で良くも悪くもアメリカ文化が入ってきて異界化していく。それが東京租界的なグローバリゼーションが行われている町に変わるわけです。

井伏鱒二の『荻窪風土記』をとり挙げます。谷・根・千のような明治時代からある古い町には、森鴎外とか、明治の文豪たちが住むわけですが、関東大震災後に開けた西の郊外は井伏鱒二から始まり、太宰治、青山瑞穂など、昭和の作家たちがここに住んでいきます。戦後の高度成長期になると、中央線の武蔵野、多摩ニュータウン、さらに神奈川の田園都市線の沿線へ、私鉄の郊外、車の郊外へと、郊外が広がっていきます。

この郊外の住宅地の特色は何か。これを考えるのが非常に難しい。1つは、いい点も悪い点も全部ミックスされているが、新開地で歴史がないということです。歴史がないことが、逆に良い面でもあって、解放されて、若い核家族が過去のしがらみから逃れて、新しい生活をつくることができる。大正デモクラシーの進展、あるいは戦後の民主主義の進展は、郊外住宅地におけるホワイトカラーの家族を抜きにしては考えられないことです。

もう1つの特色は、都市近郊の農業地だったところに、マンションが次々に建てられていく。移り住んだ住人の心の中に、何か自分は新参者であるという意識が常にあり、それが不安な意識をつくり出していく。一方では、新しい生活形態をつくるのと同じようにプラスの面もあるのですが、同時に、何か古いケヤキの木を切って、そこに建てたマンションに自分が住んでいるという後ろめたさ、不安感を常に郊外生活者は、持たざるを得ない。

私の家の周辺で起こっているトラブルの多くは、新しいマンションが建つと、近隣に前から建っているマンションの住民が「太陽を奪うな」という垂れ幕を立てて反対闘争をするということです。反対している人間自身が、そのマンションが建ったときには、既にだれかの太陽を奪っているわけで、その繰り返しが郊外では行われている。だから、郊外住宅に住む人間とは、どうも自分に自身が持てないことがあるのではないかと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から