日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


江戸時代は水、堀割が多い町でしたが、その水の役割が、明治維新とともに失われていき、水の東京から陸の東京へと変わっていきます。汽車を陸蒸気と呼んだり、水から陸へと東京の中心が移動していく。

下町には、現在ではほとんどなくなりましたが、明治時代までは、敗れた幕府側に味方する幕府びいきの心情が残っていました。それに対して、陸の東京山の手は、薩長土肥を中心に新しく地方から来た東京人が住むところでした。山の手の人間が下町を差別する、逆に下町の人間が、山の手のことを「のて」と言って、新参者たちの町だと言って批判する、下町と山の手は対立関係だった。

関東大震災後の東京の行政区画では、はっきり下町を工業区域とします。中心部分は行政と商業地域、西を住宅区域とはっきりエリア分けをしていく。東京大空襲は、下町ばかりが被害を受けて、山の手が大丈夫だったのは、非常に不公平だと思っていたのですが、下町は工場地帯だったことが大きな原因です。アメリカ軍が工場のある下町を集中的に空襲した。下町の悲劇は、江戸が敗れてから延々、第2次世界大戦まで続いたということです。

近代になっての東京が、下町と山の手という2つの異質な空間によって成り立っているということを意識して書かれた文学作品が多くあります。例えば、森鴎外の『雁』は、東京論、東京地理論として読むと非常におもしろい。明治時代のエリートである東大医学生の岡田という人物が住んでいるのが山の手の本郷の高台。上野あたりのあめ細工屋の娘で、岡田に恋をするおめかけのお玉がいます。江戸時代から続いている東京の町娘と、明治になって地方から出てきて東大に入った新エリートという2つの対立関係で、初めから住む世界が違うので、悲劇が予想されています。その2人の出会う場所が、まさに下町と高台の山の手が出会う、無縁坂という坂です。この小説は、東京地理学的に読んでもおもしろい作品です。

永井荷風の『深川の唄』は、明治の終わりに留学から戻ってきた荷風が、ある日、麹町あたりから市電の路面電車に乗って、延々日比谷から銀座、新富町あたりから隅田川を渡って、下町に行き、最後に深川まで行き、また戻ってくる話です。市電という明治になって登場した新しい交通機関に乗ることによって、1日のうちに東京の中の2つの異質な空間、山の手と隅田川を渡った下町の深川を見る。永井荷風は山の手と下町の2つの視点を獲得したことによって、東京論がおもしろくなっていく。

幸田露伴の『水の東京』は、これも明治の末に書かれた論文です。現在のウォーターフロント論が出るときに取り上げられる作品です。露伴も旧幕臣ですから、水の東京を愛している。随筆の冒頭は、明治になってから水の東京がすっかり忘れられて、みんなの興味が陸にばっかりいっているのはけしからんというモチーフです。水の東京の復権を書いている。

両国で育った芥川龍之介の『大川の水』も、自分がいかに水の東京に深い思いを持っているかを書いたエッセイです。永井荷風は山の手の人間であり、露伴も向島にいたのに、最後は文京区の山の手へ移る。鴎外も坂の上に移る。芥川龍之介も、下町で生まれ育ったのに、最後は田端の高台に移るという、明治の文学者の多くは下町から山の手に移動している。

明治時代は、次第に東京が拡大していきます。東に発展していくよりも、西へ西へと発展していきます。郊外という言葉が出てくるのが、明治の末ぐらいです。現在の中央線、これが開通してから、人の流れが西へ向かいます。夏目漱石の『三四郎』の中に、寺田寅彦をモデルにした物理学の若い学者が出てきます。彼が大久保に住むくだりがありますが、本郷の大学に通う人間が大久保に住むようなことが、明治の末ぐらいから行われてきます。

新開地と郊外という言葉が微妙に重なり合います。新開地はどちらかというとイメージが悪い。郊外は少し田園の香りがするので、文学者は盛んに郊外という言葉を使いたがる。明治の作家の移動を見ていておもしろいのは、漱石はほとんど郊外には関心がない。漱石の小説の中で、東京の一番西の地域が出てくるのは、『三四郎』の大久保です。漱石の頭の中にある東京の郊外はせいぜいその程度です。当時は新宿、大久保界隈はまだ田舎でしたから、明治の一代目の作家たちは、大体、新宿どまりと考えていいんです。関東大震災後になると、さらに西へと延びていきます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から