日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


これからはできるだけ残されたものを大事に使って、それをまた再生していく。例えば、東京駅のように。私たちの地域では、例えば、明治23年の東京音楽学校の奏楽堂、吉田屋酒店とか、幾つかの建物の保存、活用の活動にかかわってきた。これも街頭署名なんか、日本人は逃げるのですが、外国人はちゃんとサインして、がんばって下さいと握手してくれる。こんな美しい歴史ある建物を壊すなんてテリブルなことだと。

最近聞いた話では、山谷に泊まるのが外国人の間ではやっているらしい。ちょっと危険なところに泊まってみたいという意識が非常に強い。日本人のバックパッカーたちも、カルカッタのパラゴンホテル、バンコックの楽宮ホテルとか、下町のちょっと危ないような安宿に行って、それはちょっとオリエンタリズムでもあるけど、かけ値なしのその国の本音が聞きたいといった旅行者も増えてきています。私たちの町は、一泊何万円といった高級ホテルでなく、バックパッカーとか、若い人たちが滞在できる東京です。「澤の屋」や、「勝太郎」というのがあるのですが、民宿をやりたい人も増えてきています。

「谷・根・千」の最後のページに地図があります。最近の人気スポットや、しゃれたお店などが載っていますので、どうぞ、私どもの町にお越しくださいますようにお願いします。

 

●ディスカッション

 

坂の名称の由来

 

青木 大変興味深いお話をいただきました。

東京の地名、坂や通りの名前はすごくおもしろい。暗闇坂はどこでもあります。たぬき坂がありますが、きつね坂はどの辺にあるのですか。

 

森 きつねはないけど、むじな坂があります。

 

青木 たぬき坂があると、必ずきつね坂があるのですが、麻布のように。御殿坂にもみじ坂とか、首ふり坂とか、すごくおもしろい。

東京は坂の町ですが、どうやって名称をつけたんでしょうか。

 

森 「谷根千」地域の一番北の丘にある首ふり坂は、昔、首を振って通るお坊さんがいたからついたらしいのです。みんなが何となく言い出すようになった名前と、行政がつけた名前は違う。年代によっても違います。2つも3つも名前がある坂もあります。

 

青木 あかぢ坂はどうですか。

 

森 あかぢ坂は、昭和2年の経済恐慌の引き金になった渡辺銀行があかぢ銀行と言われまして、現在地に屋敷があったんです。それであかぢ坂。そのうち赤字で倒産したため「赤い字の坂」という名になってしまったのです。

青木 団子坂はどうですか。

 

森 だんごのような石が多かったという説と、みんなが急な坂でだんごのようにころころ転がるという説と、坂上にうまいだんご屋があったという説と3つあります。

 

青木 東京をチェックして、そういう坂の名前とか通りの名前を、区画整理をされない前に調べるとおもしろい。

 

陣内 江戸東京自由大学は坂と橋をテーマに研究しています。東京は確かに坂と橋の町です。だから風景が変化することはあっても、坂の名前が消えることはないと思います。

 

青木 富士見坂はどうですか。

 

森 太田道灌も「富士の高嶺を軒端にぞ見る」と歌に詠んでいますが、これは江戸では大変な心情的価値があります。広重や北斎も画面のどこかに富士を描いています。

 

陣内 東京の坂はあらゆる方向に延びていくことが非常におもしろい。

 

青木 これだけ坂がある世界都市は他にありますか。パリも坂がたくさんある。イスタンブールも結構あります。ローマもそうです、7つの丘。

 

森 ローマは、やっぱり名前がついているんですか。

 

陣内 ある場合もあります。

 

青木 こんなにフォークロア的な名前がついているところは少ないのではないですか。イスタンブールはついていますか。

 

岡本 ついていないです。

 

陣内 東京のように味わい深い名前はついていない。

 

青木 これは東京の1つの大きな特徴です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から