日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


ユネスコの人たちも、ホテルオークラをキャンセルして、「澤の屋」に泊まりたいという感じです。どこがいいか。澤の屋は非常に町に開かれています。ただ泊まる、寝るだけですが、ご主人がこの町のおいしいものや見どころを紹介しますと、客は町に出ていって、夜は居酒屋で日本人と話す。並びに豆腐屋さんがあり、朝4時ぐらいに外国の人が起きてきて、豆腐の作り方をずうっと見ていた。3時間ぐらい見ていたものですから、豆腐屋さんは英語をしゃべれないが、何かあげようと思って、だまって豆腐を一丁上げたそうです。そうしたら、チョコレートをお返しにくれたと言うんです。

そのような草の根の交流ができてきた。アメリカの駐日大使だったアマーコストさんも千駄木に住んでいましたし、同じくモンデールさんは根津のたい焼き屋のファンでした。私たち「谷根千」も、英語版を出しています。そのほかにも英語でいろいろな町歩きのガイドや地図をつくるボランティアもいる。外国の人がたくさん来るものですから、町の人も、英語をしゃべってみたいと、在住のアメリカ人に英語を学んだり、アジアやアフリカの人から挨拶の言葉くらい覚えたいという人も増えている。

 

保存やストックとなる再開発

 

私たちも海外に行くと、その地域の歴史的な建物を見たり、食べ物を食べたり、土地の風習を知ったりするのが一番楽しいわけです。東京は今まで、巨大都市とか世界都市とか国際金融の中枢ということで、外国から要人が来ても、経済界のトップと会い、工場見学をしてもらって、あとは新幹線で京都に行ってしまいます。京都ではティーセレモニーをし、和服を着てみたらいいのではないかみたいなことになっています。東京でも、日本的な生活に触れたい人が多いと思います。特に滞在型の人たちに人気があるのは長屋、蔵、銭湯、浴衣、うちわ、年末の鐘突き、年初めの餅付き、節分の豆まきといった行事です。私たちの町の場合は上野の鈴本、浅草の末広亭という寄席にも近い。お寺の人たちの雅楽のグループもありますし、禅道場もある。お寺では華道や尺八教室から、茶道もやっているところがあり、文化センターにもなっている。そういうところを上手に外国人は利用しているようです。

ですから、私は東京がほんとうにインタナショナルになるためには、固有の文化を捨ててはいけないだろうと、岡倉天心がナショナルがないところにインターナショナルはないと考えたように、それぞれの国、地域の文化、生活があり、住んでいる人たちの楽しい生活が引き続きできる場所でなければならないだろうということと、そのことを守ることが、グローバル化ではない国際的な力をもつのではないかと思います。

最近の例では、あるマンション業者が、寺町になぜか大きな区画を取得し、9階建てのマンションを建てることになった。寺町の真ん中に高層の大規模な建物が挟まってしまうのは困るということで、若い仲間たちが大変おもしろいことをやりました。その9階の高さまでバルーンを上げたのです。そうしたら、あの高さまでビルになってしまうのかということで、住民は非常にショックを受けまして、瞬く間に500人以上の住民大会が開かれ、交渉しました。マンション業者もなかなか偉いなと思ったのですが、社長が自らが出てきて住民と折衝しました。谷中の場合、普通だと、開発者が出てくると、「帰れ」などと非難や怒ったりするのですが、おもしろかったのは、社長が出てきたら、みんな拍手で迎えたことです。

その後、大人のつきあいをする中で、ついに前面が4階建て、奥が6階建てというマンションになりました。しかも1階に集会室をつくり、前面は町を歩く人のための休憩所にも使えて、色とか素材も谷中に合ったものになりました。なかなかいいマンションができまして、即日完売しました。マンションメーカーもそろそろ、地域になじんだ、地域の新しいストックになるようなマンションをつくっていかざるを得ない時代になったと思います。

現在、もう1つ別なところで大きなマンション紛争が起こっているのですが、それのポスターは在住外国人が描きました。

パリやロンドンに行っても、私たちが見たいものは、歴史的な建造物や、文化ですから、そういう意味では歴史的なストックを、東京は今まで壊してきたわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から