日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


障内 みんなニックネームですから。行政的な名前ではない。

 

青木 むじな坂とか暗闇坂なんて、すごく好きです。しかも同じ名前が他の場所にもある。おもしろいのはパリで、例えば、人の名前がついているところがたくさんある。東京は、人の名前はありますか。乃木坂くらいですか。

 

陣内 鳥居坂があります。

 

青木 通りでは明治通りがある。由来が天皇からきたのか、時代名からきたのかわからない。ほかに漱石通りなどがあってもいいのだが。鴎外記念館があるのに、何もついていない。

 

森 鴎外まんじゅうを売っているお店が1つあります。

 

青木 ニューヨークやパリ、ロンドンでも人の名前があるでしょう。坂や橋の名前は、特徴があります。京都はどうですか。

 

山室 五条坂とか。

 

青木 何とか上ルとか、地名の読み方はいろいろ特徴的だが、東京はすごくおもしろい。たぬき坂を上がってっていったら、きつねも行きましょうかなんて。地名をよく知っているタクシーの運転手は、おもしろいことを言ってくれます。

 

陣内 坂は、近代化の中であまり評価されないで来たかと思ったのですが、そうでもない。横関さんの『江戸の坂 東京の坂』は、1970年ごろ出版されて、随分版を重ねている。70年代半ばに、『続江戸の坂 東京の坂』も出ています。高度成長が終わって、落ち着いた時期ですが、その時点で坂への関心が相当あったということです。

 

日下 昔は、大八車を引っ張っていたから、坂道は大変だった。

 

川本 九段の坂は、押す人がいたって言います。

 

日下 押し上げね。焼き芋やさんを押してあげたら、芋を1本くれたとか。

 

青木 東京の昔の仕事、労働事情みたいなものが反映されている。これはおもしろい話だといつも思っている。

 

空間のマネジメント

 

川本 「谷・根・千」という言い方は前からあったんですか。それとも森さんたちが雑誌を始めてからですか。

 

森 私たちが初めてです。横文字のタイトルは似合わないし、他に思いつかなかったので、「谷中・根津・千駄木」というタイトルにしたら、長過ぎるからと、地域の人が勝手に「谷・根・千」と呼ぶようになって、今は地域の名前として定着しました。

 

川本 全部文京区の町ですか。

 

森 いいえ、谷中は台東区です。根津、千駄木が文京区です。ただ、荒川区の日暮里と北区の田端は地つづきですし、どうしても芥川や室生犀星の文化圏まで入れたいものですから含めているんです。

でも、根岸は子規、天心、根岸堂の文化圏です。酒井抱一から重田鵬斎までいる。今はラブホテルが多すぎて、フォーシーズン(四季)なんてうそみたいな名前のホテルまであります。

 

陣内 この界隈は、東京の中で残っているから価値があるというだけではなくて、ここにしかないという空間、場所だと思う。4月のお花見の季節に建築学会絡みで京都の景観研究を行っているグループがある。そのグループが谷中で研究会をやったところ、京都をはじめ全国から来た。手島さんという、谷中学校のリーダーがいろいろアレンジしてくれたのですが、2年前に、全国の町並み保存をやっている人たちが東京で大会を開いたときに、分科会を谷中でやった。いい町並みをよく知っている人たちが視察したのですが、みんなすごく評価している。

人の暮らし、生業が継続していて、新しい要素もほどよく入っていて、スケールがよくて、たたずまいがあって、人情があってという、こういう空間は、ほっとさせられる。全国的に見ても、こういう場所ってない。関西の人が驚くのは、植木鉢を路上に並べている光景です。関西ではあまりない。外国人もおもしろがるんです。歴史的街区はヨーロッパにはいっぱいあるが、こんなにほっとさせられて、プライベートとパブリックな空間がまざっている所はない。ヨーロッパは壁一枚で私的空間と公共空間が隔てられています。空間のマネジメントはヨーロッパではあり得ない。

 

青木 しかも谷・根・千地域は下町とは違う。それがおもしろい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から