日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


しょっちゅう来られるので、長期滞在が普通で、夏、クリスマス、復活祭、カーニバルのころにもよく来ます。

セカンドハウスは自分で買います。普通の人が住んでいたところを、ジェントリフィケーション、つまり、買って、修復して、格好よく住む。しかし、地元のベネチア人からすれば問題です。というのは、普段は空き家ですから、八百屋や魚屋など一般商店が経営できなくなってしまいます。高級ショップばかりになってしまう。ネガティブな意味でのジェントリフィケーションです。しかし、人気があって集まってくることはポジティブだと思う。

観光客もかなり長期滞在者がいます。リピーターが多く、夏に長期滞在する。その場合はホテル住まいです。映画祭、ビエンナーレなどをゆっくり見る観光です。よく聞かれるんですが、ベネチアの経済がどのぐらい観光に依存しているかを数字で示すのは不可能です。観光の概念が広い。中規模のコンベンションもいっぱいあります。コンベンションは短期滞在と思います。

イスタンブールほどではないが、イタリアでは移民が大きな問題になっています。東欧ががたがたになってから、とりわけ旧ユーゴやアルメニアからどんどん人が流れてくる。イタリア人に言わせると、アルメニアの人が一番荒っぽくて、大変だと言うのです。治安も悪くなっています。彼らは、何らかの形で不法に滞在して労働力になります。労働者では北アフリカのムスリムの人たち、リビアやアルジェリアの人たちがホテルやレストランのボーイやスタッフとして働いていて、いいポジションも持っています。そういう形でインテグレートされていっている。

そういう寛容さは、イタリアの場合、植民地をほとんど持たなかったので、イギリスやフランスとは違うような感じがする。今、そういう現象がこの10年間で強まってきて、日本とよく似ていると思います。それを国として、都市としてどのように対処していくかは大きな問題です。

 

エンパイア精神

 

山室 日本とアジアの他都市との役割分担はおもしろいと思う。日本の国内の中でも分担の問題があると思う。

福岡に行くと、ハングルの文字が全部あって、韓国の人には地下鉄なんかわかるようになっています。東京は、ホテルに行けば、もちろん英語とハングル、中国語と3つが大体ありますが、それ以外はほとんどわからない。日本の都市の中でも、京都、大阪、福岡とか、都市の分担の中の世界都市みたいなのがあるかもしれません。

 

陣内 そう思います。

 

青木 表示は大問題。昔から全然改善されない。

 

陣内 レジュメに「小さな世界都市連合」ということを書いたのですが、実際あるのです。3年ぐらい前、柳川市に呼ばれてしゃべったことがあるのですが、柳川や高山とか、個性を持って頑張っている。文化的発信をしている街がネットワークを結んで、知恵を交換しようとしている。そういうところは東京・首都の頭越しに国際交流をやっている。実際、刺激を得ている。

ヨーロッパはEUが統合されてくると、とりわけイタリアなんかでは国家なんて全く意味がなくなる。北イタリアの、ベネチアのヒンターランドだった街なんかみんな小さい。人口が3万人ぐらいから30万人ぐらいです。そういうところの小企業の経営者が非常に元気で、ビジネスは、ヨーロッパの各国とダイレクトにやってしまう。日本ともです。ですから、商社も問屋もないわけで、みんな自分たちでやってしまう。そういう国際性、世界都市性を持っている。そういうスピリットがあらゆる規模の都市や地域に出てこないといけないのではないかと思うのです。

福岡がアジアと結びついてすばらしいと思うし、日本海側の都市はもっと地理的に恵まれた条件があるわけですから、もっともっと交流をつくっていったらいいのではないかと思う。

 

青木 今、どこへ行っても同じものばかりつくっている。ともかく去年も鳥取とかいろいろなところに行くと、全く同じようなセンターばかりある。なぜああいうあほなことをするのか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,028位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
9,955

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から