日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


富山県に行っても、静岡に行っても同じでしょう。みんな金属的な箱物ばかりつくる。そこへ行ったら、東京や横浜か、幕張に行っているのか、全然わかりません。あれは公共事業の一つのあり方なんですかね。

 

日下 公共事業は基準があるから。

 

青木 国が選んだ設計士に全部任せたら、同じようになってしまう。

 

日下 思い出話ですが、鈴木都知事時代に「東京ルネッサンス会議」をつくりまして、1兆5、6千億円金が余っているから、何かに使おうという。

その計画を見せてもらったら選挙区対策なんです。まず、東京都庁を新宿へ移したい。

都庁が新宿に移ると、隅田川周辺の人たちが文句を言うから、江戸東京博物館を与えようではないか。2,000億円単位でやるわけです。僕は、そんなことしないで、その分、減税すべきだと言った。減税して民間に使わせれば、すばらしい東京になる。これがみんなとまるで違う意見だった。

その次に、東京長期計画で、「国際都市東京」と「ふるさと東京」の2本立てです。鈴木さんが東京再生を目指してアピールしようという根本計画。「ふるさと東京」は話が具体的。学校を建てる、下水道処理場をつくる、道路をつくるとか。「国際都市東京」は何にも具体性がない。理念ばかりが書いてある。その理念たるや、私が読むと、外国人から税金をがっぽり取ろうと書いてある。さぞや収入が多いだろうと書いてある。そのために外国人に対して何をサービスするかは、どこにも書いてない。だから、国際都市東京は絶対に挫折します。外人は来ません。来ている外人も帰ってしまいます。従って、ふるさと東京づくりもできません。1兆5,000億円の財源は消えてなくなります。後には大赤字が残りますと言って首になった。

正しい意見を言えば、必ず首になる。首になったとき証明される。ベネチアでもイスタンブールでも、外国人に対して税金をまけたのではないか。だから人が入ってくる。

 

青木 ある種の特権を与える。

 

日下 あるいはもうけのチャンスを与え、かつ迫害、弾圧、税金をかけなかったのが世界都市への第一歩かな。営利、採算で計算したら、それが一番いいのですが、その計算より前に、やっぱりスピリットがある。外人嫌いとか、何かしらある。東京にはあのときにはなかった。外人からはがっぽり取ってやれという、それしかなかった。

 

陣内 ベネチアでは観光客が多過ぎるという問題が出てきています。水上バスは二重価格になっていて、観光客からは10倍ぐらい取る。

 

森 減らすという政策はないのですか。自分のところに今たくさん人が来ている立場から言うと、住んでいる人は大変だな、と思いました。行くほうにすると、いいホテルはとれない、レストランは高い。需要と供給がすごいアンバランスで、地元の人しか行かないすてきなレストランには観光客は絶対行けない。行くには、留学生の友達がいるとかの人だけです。そうなると、ほんとうに交流都市なのかどうか。

 

青木 大観光都市は、フィレンツェなども、どこでもそうです。京都でも、ある種の二重価格制だから、地元と東京や外国から来る人間は値段が違う。香港もそうです。今のフィレンツェやベネチアなどは、外国から観光客がいっぱい来るから、もう要らないなんてことを言ってもいいが、実際は、来てくれないと成り立たない。

ところで、世界都市という概念はいつごろからできたのですか。世界都市とか国際都市とか、最近はグローバル・シティという言い方をすることもありますが、意味が少しずつずれるんです。ウイーンは一種の世界都市です。19世紀のロンドン、パリもそうです。観光に依存して人が集まって来る国際観光都市とか、ワシントンD.C.とニューヨークのすみ分けの仕方。アンカラとイスタンブール、北京と上海とか。いまや北京にも外国人がいっぱい住みついている。

 

日下 エンパイア精神が世界都市をつくる。

 

青木 オスマン帝国も、外国人という概念がほとんどなくて、エンパイアに入った人は全部同国人です。近代のアタチュルクが、トルコ共和国をつくったときに一番困ったのは、トルコ人意識がなかったことです。農民がそういう意識がなくて、みんなイスラムの大義では同じだが、オスマンだということです。その辺はちょっと違います。いろいろなレベルのことが東京でも考えられると思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から