日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


日下 迷宮都市がすばらしいことは同感です。東京に関する外国語文献がないのは迷宮性があっていいのではないか。

 

陣内 日本人は使いこなしていても、外国人には使いこなせないのは実によくできている都市です。

 

青木 国際都市の条件としては、例えばその都市を舞台にしたいろいろな小説とか論文とかエッセー、それが何力国語ぐらいで、出版されているかもあると思う。イスタンブールについては、シャルダンやピエール・ロティの昔からフランスやイギリスの文献があり、昔から旅人が来た。

 

森 ピエール・ロティは「お菊さん」です。

 

青木 ロティはオリエントが好きで、イスタンブールに長くいた。確かに文献の研究書とか、音楽や美術も含めて考えないといけない。クローデルとか駐日大使をしていた人などが東京について書いています。どれくらいの文献があるでしょうか。

 

川本 最近、東京の街を歩いていると、アジアからの観光客がものすごく多い。日本人は、今、韓国や台湾がおもしろいといって出かけていく。一方、台湾は日本ブームです。韓国も日本映画や歌が解禁されて、日本ブームです。彼らがよく東京に来ている。だから、必ずしもそんなに、東京が魅力を失っているとは思わない。何で東京に引きつけられて来るのかなと思うと、東京に来るといろいろなものが見られる。例えば、映画に限ってみますと、ニューヨークで見られる映画よりも、東京のほうがはるかに世界中のいろいろな映画が見られる。韓国、台湾、中国の映画があり、シンガポールの映画まで見られる。

 

青木 ニューヨークはどうですか。いまや経済バブルで、70年代、80年代は東京よりはるかに文化的にいろいろなものがあったが、今は外国映画はほとんどヨーロッパ映画も含めて上映しなくなった。商店やストリートは景気がいいからきれいになったし、また犯罪が少なくなって安全になった。清潔にもなった。インフラ整備も進みましたが、文化面では実に貧しくなったという感じです。ギャップとスターバックスとディズニーの街になってしまった。空虚さを感じます。

 

日下 東京では吹き替えや字幕はどんな状態ですか?

 

川本 ほとんど日本語の字幕です。

 

青木 海外では吹き替えが多い。ドイツに行くと、英語の映画も全部ドイツ語ばかり。朝の1回だけ英語で、ミュンヘンでその回だけ見に行ったりした。また、ヨーロッパ映画も2つのバージョンをつくると、英語バージョンを必ずつくります。『海の上のピアニスト』だって、イタリア語バージョンは上映時間が1時間長いという話ですから、自国の言葉で本国での上映と使いわけている。日本映画もそうやれば結構売れるかもしれません。

 

長期滞在者が多いベネチア

 

山室 世界都市を考える場合、トランジットで人が集まってくる側面と、世界中から人が集まって、そこに住むという側面の両方あると思う。青木先生が最初に話した紫禁城も、トランジットに来て帰るだけの話ですね。岡本さんの話の場合は、そこに住んでしまうことによって起こってくる問題が出てくると思います。陣内先生のお話で、人口が18万人から30万人に増えたにしても、基本的にその10%、比率として高いと思いますが、ある程度ほかからは入れないで、自分たちの固有のものを守りながら、ほかから来た人は帰ってもらうような側面もいっぱいあると思います。

そういう形をとりながら、他方で自分たちの固有の文化を広げていく。セカンドハウスとしてという側面は別にして、魅力がほんとうにあるんだったら、住んでしまったらまずい世界都市なのか、それとも、住んでくれた方が世界都市としていいのかということは、かなり重要な問題だと思う。

 

陣内 人口が18万人から30万人に増えたのは、エリアが広がったからで、古い島の中だけだと7万人ぐらいです。18万人が7万人に減っています。ただし、観光客がものすごく来ているし、本土から通ってくる。ですから、昼間人口は非常に多く、目いっぱい使いこなしている。

住んでいるという定義がまた難しい。住民票などの問題があるかもしれませんがセカンドハウスとして家を持っている人はものすごくいる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から