日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


足の便がいいことと、ホスピタリティーがある、演出がうまい、おいしいものを食べさせて、もてなして、普通じゃできない体験をさせて、お帰り願うということです。ベネチアからシンポジウムや学会、会議の招待が来たら、大抵の人は断らないと思う。そういうことが歴史的体験として彼らの身についているという気がします。

歴史の空間の使い方がうまい。おしゃれで、現代的です。かつては東方からの物資がどんどん揚がっていたところが、現代のフィーリングで使われている。

 

3. 東京再生へのシナリオ

 

では、東京はどうなのか。コピーでお配りした「東京再生へのシナリオを世界へ」に書いてありますが、東京の可能性はあると思っています。ユニークな都市になる可能性もあると思います。エコシティと先端技術都市を結びつけたようなイメージの都市は、東京でなくてはあり得ないと思いますが、問題も多い。

特に、インターナショナルシティとドメスティックシティの組み合わせが悪すぎると思います。というのは、海外から会議とかビジネスで来た人が都心にしかいない。都心は、完全に法人都市といいますか、企業都市になってしまっていて、人が住んでいない。はつらつとした生活都市と触れられないわけです。訪ねる魅力はないまま、ビジネスだけ終えて帰ってしまう。だから、もっと都心に住んで、生活感を出すべきで、いい飲み屋ももっとつくるべきです。今、都市の顔が見えなくなって、都心は無機的なビル街です。ちょっと外へ行くと、生活感がある。谷中も、杉並もかなり生活感があると思う。ただ、物価が高すぎて、観光もコンベンション機能も成立しない。

問題は、文化を経済基盤にできていないことです。これは大きい問題だと思います。文化と経済は二極で対立するものと考えてしまう。東京にはこんなにストックがあり、歴史的イメージがあり、神話もいっぱいあるが、それを現代の世界都市の構想に結びつけていく知恵と努力がない。

次に、自己表現が不足していて、情報化と言いながら、東京に関する外国語文献は極端に少ない。ちょっと突っ込んで観光しようと思うと、だめです。研究しようと思って、若い人がどんどん来るが、言葉で困る。日本語を勉強している人はかろうじて文献を探せますが、英語しか読めない人にとっては、バリアが高過ぎる。

家が狭いから、家に呼べないので、家族の中とか、プライベートなところまで入れない。都心のホテルに泊まって、おしまいという、都市のほんとうの魅力にまで入ってくるチャンスがなかなかない。しかし、今の若い人は、1カ月滞在して街を歩くと、東京を好きになって帰る。原宿の周辺だって気に入っていますが、そこまで行かないで帰ってしまい、もう来ない人が多い。

東京に一極集中していて、横浜、幕張とも競合しているという点です。みんなが同じような条件で競争するのは寂しいと、日下さんが書いていますが、そのとおりだと思います。みんなが違う役割を持って、ネットワーク化して、地域をつくるのがこれからは絶対に必要で、日本は全く逆をやっている。東京圏でもそうだと思います。ベネチア共和国の時代にできたヒンターランドの都市とベネチアは実にうまく結びついている。東京圏のように周辺の中小都市も画一化して、魅力のある都市がなくなっていることはまずい。

それから、アジアの都市とどうやって共存し、役割を分担し、東京の輝きを出すか。東京だけのことを考えないで、ブロックとしての役割を分担しながら、全体のポテンシャルやイメージを高めていくことが大きいレベルで必要だろう。そういう戦略も今のところあんまりないのではないかと思います。

 

●ディスカッション

 

青木 ベネチアの持っていた様々な国際都市性、特に、文化は小憎らしいぐらいにうまく経済と結びついて繁栄の基礎を築いています。それが今でも、まだベネチア、ベネチアと世界中で言われるゆえんです。

東京は、成田空港に着いても、どうやって都心に行っていいか途方にくれてしまう。それで来なくなるところがあります。かつてはそんなことなかった。東京と結びつけたパースペクティブ、非常にわかりやすく、しかも重要な問題をいっぱいはらんでいると思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から