日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


これは賢いやり方で、敵から守るよりは、よそ者から守る、プライバシー、あるいはコミュニティーのまとまりを守るという意味です。迷宮都市は非常にすぐれていると思います。だから、地中海の世界都市は迷宮都市が多い。

17、18世紀ぐらいになると、それは変わっていく。これだけ観光地化した都市でありながら、住民しか行かないような飲み屋、レストランが結構多い。こういうところには観光客がめったに来ない。

東京はバブルのころに、「インタナショナルTOKYO」と「ドメスティックTOKYO」に分けざるを得ないような議論がありました。アクロスの編集室が出したおもしろい本で、都心はインターナショナルで、外側はドメスティックなどと書かれている。

 

ホスピタリティーと平和外交

 

ベネチアにはホスピタリティー、平和外交など、よそからの人を意欲的に迎え入れる政策、あるいは文化の風土があります。女性だけのレガッタがあります。もともとは16世紀に、フェラーラという街のお妃と、その娘、イザベラとベアトリーチェを招いたときの歓待のイベントとして行われた。それがもとで、今でも女性のレガッタが行われる。カナーレグランデとかサン・マルコ広場だけではなく、劇場も、あらゆるものを使い、貴族の人たちは館、別荘を宿泊施設に提供する。街を挙げて歓待して、それが平和外交につながることをやりました。

 

ヒンターランド

 

ヒンターランドとのつながりは、重要なテーマではないかと思っています。共和国の領土は、広く大陸のほうに広がっていた。パロバ、ベローナ、リチェンターなど。みんな固有の文化をつくった。歴史があり、ベネチア共和国のテリトリーとして入ってきて、また独特のものをつくる。それぞれの都市の人たちは自分の固有の文化とベネチアの文化と両方を誇っている。その時代に栄えた産業が、みんな特化している。それはベネチア共和国の政策でもあったのですが、それが現在、イタリアのファッションやデザイン、グルメの分野で元気がいいベネト地方です。今花開いている。

 

栄光時代の蓄積

 

ベネチアも衰退して、世界都市から凋落してしまったのですが、人口は、大陸のほうのメストレも含めると30万人ぐらいです。30万人の都市でまだ世界都市性を持っているのは、なかなかやるなという感じです。実はリアルタイムで世界とつながっている。飛行場が近いので、ホテルまで30分でモーターボート、タクシーで入れる。だから、ヨーロッパの主要な都市からホテルまで、待ち時間も入れて3、4時間で行けてしまう。これは大きい。頑張れば毎週末行ける。リピーターが多いのは当然です。別荘としてセカンドハウスを買う人も多いですから、不動産価値は非常に上がっています。

リアルタイムにつながっていながら、ここへ来るとまったく異次元世界を体験できる、リラックスできる、インスピレーションを得られるということで、非常にいいポジションにある。しかし、ベネチア人自身は、ディズニーランド化することを非常に心配して、観光ばっかりになるのはいかんと言っています。

いろいろなイメージを今も発信していて、これはカナーレグランデ沿いのパラッツグラーシと言って、フィアットが買って修復・デザインし、今は大きい展覧会を開く。いい展覧会が多くて、毎回話題になります。準備期間も長く、展覧会は半年継続する。だから、リピーターがわざわざこれを見にベネチアに来る。今は焼けてしまってないが、劇場がそうです。いいオペラがしょっちゅうかかるので、それを見にいろいろなところから来ます。展覧会はあちこちでやっていますので、話題になることが多いですし、そのためにも来る。

カーニバルで、これがまたちょっと独特の文化をつくっている。ベネチア人自身は今や飽きても、観光客がどんどん来る。一番多く来るのが、これまで完全にオフシーズンだった2月。都市計画上、非常にうまいことやっている。行政もサポートしています。

これは特殊ですが、ビエンナーレ、映画祭、あるいはコンベンションシティとして、シンポジウム、学会、イベントの開催の頻度が高い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から