日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


岡本 トルコには1996年から7年の1年間しか集中的にはいませんでしたが、その後、繰り返し訪れています。私は去年の4月から東京に職場が変わり、移ってきたばかりで、東京についてよく知りません。ただ、都市を考えるとき、イスタンブールを見ていて、参考になる視点が何かあるかどうかという観点から、報告させていただきます。東京については、最終的にどうしていけばいいのかというところについて、触れるにとどめ、基本的にはイスタンブールを参照意見としてご紹介してみたいと思います。

 

〔イスタンブールの事例〕

 

「世界都市」としての性格

 

まず、イスタンブールは、私は間違いなく世界都市であろうと思います。しかし、都市の専門研究でワールドシティとは何かといった議論があり、その中では、時代によって、どういう条件を備えている都市が世界都市と言われるか、少しずつ変わってきていると思います。定義はあまり意味がないように思いますので、ここでは、時代によって条件は変化するが、観光客、芸術家、企業、資本、国際機関のヘッドオフィスであるとか、情報がそこに引き寄せられてくる場所で、その結果として、政治、経済、文化、各方面において中心的な役割を果たしている場所というのを大枠として世界都市であろうと考えるわけです。

現在、世界都市のランクというようなものをよく見ますと、規模だけは大きいのですが、イスタンブールは落ちているのです。社会的なインフラという点ではかなり問題を持っています。しかし、ローマ、ビザンチン、オスマンの3帝国の帝都として中心的な役割を果たしてきましたし、その歴史が重なるだけではなくて、その都度、建築の様式も重なってきているし、時には影響を受けながら、折衷的な様式もあります。しかも、時代が移るときに、違った人々が入ってくることによって空間の使い方が変わっているものですから、単に建築の様式がたくさんあるというだけではなくて、空間の使い方に折衷したものが随分出てくる。しかも、それが非常に開放的なところがあり、私がイスタンブールにいて非常にすばらしいなと思うところです。

同時に、ボスフォラス海峡(トルコ語でボワーズ)は、「のど」という意味ですが、細いネックになるところです。交通の要所ですから、そこを押さえられると人も交通も物資も動けなくなるところです。そこを挟んで、一方は中国にまで至り、一方は東欧、中欧を経て大西洋にまで至るという、その接点に位置する。これは稀有の立地に違いないわけです。

イスタンブールという名前がトルコ、あるいはオスマン帝国というのを超えて、独特の実体として特別なイメージを喚起する。これが食、建築、芸術、暮らしのありようにおいて、トルコというものを度外視しても、イスタンブールというだけで独特なイメージを喚起してくる。これは、文化的に言いますと、世界都市の非常に枢要な要件の一つであろうと思います。その点で間違いなく世界都市だろうと思うわけです。

イスタンブールを見て思うのは、何か決まったアイテムがそこにあれば世界都市になれるかというと、そういうものではない。もしそうだとしたら、イスタンブールは世界都市であり続けないといけないわけです。しかし、現在のイスタンブールを見ますと、物がある、あるいは条件を備えているだけではだめで、そこをサポートしてくれるほかの要素があるのだろうと考えます。

イスタンブールがどれぐらい条件としてすばらしかったか、魅力があるかということも、簡単にご紹介したい。その後、共和国以降になって、ある意味で非常に地盤沈下し、都市の魅力を支えるほかの条件がかなり厳しいものになってきました。世界都市という文化的なある程度の水準とか魅力を支えるそのほかの要素はいったい何であろうかということを、反面教師的な意味で、イスタンブールの状況を見て、私自身考えているところなので、それを聞いていただきたいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,023位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
9,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から