日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


これには、造船技術と建設技術を組み合わせて考えると可能性がある。霞ヶ関ビルぐらいのものは、造船では3カ月から4カ月で1隻進水するというスピードなんで、陸上でつくる期間の6分の1ですむ。それでも3年はかかるわけです。海の東京は建築を造船所でつくって曳航してきて垂直に立てていけばものすごいスピードで海の東京をつくることができる。少くとも、陸の東京を変えていく力になる。これには別の実例があります。地中海のコートダジュールの海岸都市は10年ぐらいで立派な形ができ上がっています。それから、アメリカの東海岸のマリナ都市は、同じく10年ぐらいでできています。なぜそう早くできるのかと言えば、水域を利用して、海岸沿いに施設をつくって、交通を海陸でやり、居住環境をつくり、文化施設をつくる。そういうことが非常に計画的にできる。だから、臨海都市は非常に短期間で、リーズナブルな経済的コストで、しかも美しい開放的な、ゆとりのあるいい環境の都市ができ上がる。多分、東京でもし都市づくりをやるとすれば、副都心などたくさん計画はありますが、そんなことをやっていたのでは、3,000万のスケールを対象にするには少し時間がかかりすぎる。東京湾全体を加えて1つの都市づくりということで考えればできるのではないか。

臨海都市づくりの研究があります。造船と金融と、建築(私どもの事務所)の3者が一緒になって、シャローウォーターの、東京湾ぞいの計画をやったものです(1963年)。

海の東京では1958年に、フローティング都市を計画して、それからあと、潜海型の海上都市のつくり方でつづけまして「KICプラン」ができました。

KICとは菊竹と、Iは石川島播磨重工業、Cは長銀(当時)です。1975年にはフローティングのメガフロートと言って、最近実験をやっている、ああいうものの先行プロジェクトをやり、これは防災の基地の計画でした。それからアクアポリスがあります。その後、フローティングのホテルで、これはサウジアラビアの計画。

それから、つい最近のモナコの計画で(92年)、マクロエンジニアリング学会で、MITと一緒に考えました。それから、マクロエンジニアリング学会の世界的な組織の中でいろいろスタディをしたものがありますが、相当やれる能力が日本にあるということがわかりました。

鉄、セメント、ガラスの生産量はとにかく世界一になって、造船も自動車も機械産業技術も、ITの関係技術も、光ファイバー、テンションワイヤー、こういうフローティングを係留する技術は世界一です。島と島をつないで係留すれば、費用もかからないで済む。こういう周辺技術がみんなでき上がっている。これは日本だけです。ですから、大変楽観的な見方ですが、多少はやれるのではないか。

陸上の東京に対して海の東京、港湾と空港と、新しい都市の連携です。

 

3000万人都市の環境

 

老人パワーも大きい。マクロエンジニアリング学会では、いろいろな可能性の議論をつづけているわけです。4、5年前にパリでやりました国際会議では、SPSというソーラパワーを地球上に送ってくる計画の研究で、日本から東大宇宙研の長友さんが出られて、太陽のエネルギーを月で受けて、それを衛星に送って、衛星から地球上に送電する。これをマイクロウェーブか、レーザーで送る。そうすると、開発途上国は原子力を考えなくても、このエネルギーで十分やれる。そんなことを世界の学者と一緒にやっています。

大変楽観的な話ばかり申し上げましたが、悲観的な見方では、日本の物事の決定の鈍さ、政治経済文化の組織が今、麻痺状態にあるということなどがあります。ですから、どういうところから、どういうふうに、だれがこれをやるかということは、全く見通しが立たない。日本はだんだんよその国に追い抜かれて、能力を発揮するチャンスがないのではないかということです。

もう一つは、災害破滅型というもので、地球温暖化で大分海水面が上昇すると言われています。今から50年後ぐらいで、おおよそ1mから3mぐらい上昇する。3mというのは大きい数字を提示しているのですが、東京の江東地区とか、臨海部の地域がかなり水没することになるのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
7,512

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から