日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


それに加わってきているヨーロッパのユーロの問題も急激に浮上してきているので、対立的な関係になってきているのではないか。

ここでどういうことが環境で問題になるか。欧米と日本またはアジアとの関係ですが、循環再利用という更新性を持った文明の考え方に対して、蓄積型のヨーロッパ、あるいはアメリカの考え方と、そこに相当大きな開きがあるのではないか。これを果たして新しい人工の材料で、ガラス、鉄、コンクリートとか、そういうものでどこまで実現できるのか。それはこれからの世界的課題なのではないかと思っています。

世界都市の競争という点では、今、注目されておりますのは、ニューヨークに対してパリが少し前まで非常に大きく進展していまして、パリが指標になると思われていました。フランスという国は、フランス全体がレベルが高いというよりは、一国全体がパリに集中している。この集中力が、ほかのヨーロッパの国と違って非常に大きな印象を与えているわけで、都市計画にしても、建築にしても、そのほか技術的芸術的なものの投入という意味、そしてその成果としての環境・都市・建築に総合されますから、この総合力では、やはりパリが大きな関心を呼んだわけです。

パリの都市づくり、環境づくりには、イタリアとか、そのほか外国の建築家やアーティストを大いに起用して、文化を蓄積してきた。そういう意味で世界の注目を浴びている。

それから、英国がロンドンで同じように大きな成果を上げてきている。テムズ川の周辺に文化施設を集中したり、つい最近はミレニアムドームをつくったり、あるいはラングドッグ計画をやったり、ロンドンが注目を浴びてきています。これに対して、今、東西ドイツの統合によってどこまでベルリンの中心計画ができるかというようなことが話題になっています。

 

陸の東京と海の東京

 

一方、東京をみますと、果たしてどこまで東京をやれるような状況になっているかというのは大変大きな問題で、東京計画については、いろいろな方が今まで、後藤新平をはじめとして計画があったんですが、震災・戦後の機会も空しく全部挫折している。陸上における東京の集積は相当複雑な利害関係とか、政治、経済、文化の上で複雑な関係を持っていて、なかなか陸上東京は少し時間がかかるのではないか。そこで計画をやっていますのが、高さ1,000メートルというハイパービルのプロジェクトです。とにかく1つの区を1つのビルでつくってしまう。地上は緑化したり文化的な施設だけを残して考えてみたらどうなるかスタディーをしてきましたが、ネックになっているのは航空路です。高い建物は飛行機の航路に当たって障害になる。そのために極超高層はできない。しかし、今の人口集積で、都市問題を解決しようと思うと、どうしても極超高層化が必要で、縦型の交通で時間、距離をうんと圧縮するコンパクト・シティを考えないと難しいのではないか。

もう一つは、交通問題でも、環状をもっと強化するとか、大深度地下の交通ネットワークをつくったらどうかということが出ていますが、日本の社会システムから言っていずれも時間がかかる。10年から15年ぐらいの間にやらなければ、効果がないのに、早くて40年から50年かかってたのでは意味がない。それにしても、やれるところからやるというのはとても重要なことです。

それで「海の東京」が浮かんでくる。行政的に東京湾を千葉県とか神奈川県とかに分けていますが、こういう行政区分を外して考えれば、「陸の東京」に対して「海の東京」がある。そうすると、この海の東京では、交通路のネットワークは、海底地下トンネルでやろうとすれば、できないことはない。これは日本がお得意の技術を持っていますから、工事は簡単にできる。

漁業権などの問題もありますが、もし東京湾というエリアを1つの新しい首都のエリアと考えれば、その中に、森をつくったり、湖をつくったり、水路をつくったり、そこに都市をどうつくっていくか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から