日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


しかし、そういうものを私達一般の人たちにわからせてくれないというのが問題です。空気とか水なんていうものは、どのくらいきれいで、どのくらい汚染されているかということを定量的に教えてもらったことがありません。水を売っているが、その水がどのくらいきれいなのか、不純物がどのくらい入っているかなど全然わからない。安全研究と評価できる機関をぜひつくっていただき、安全情報データベースの構築とその情報を提供できるようにしていただきたい。

どのくらい空気がきれいなのか、空気のきれいさの度合いというものを工学的に決めておくべきです。日本は湿気の文化と言われていますが、湿気があるから、日本の畳ができたんだという話があります。しかし、湿気というものの科学が確立されていないようです。空気とか水とかのきれいさの測定が手軽にできないものか。PRTR (Pollutant Release and Trans for Register)「環境汚染物質の排出移動登録」制度の導入という問題もあります。

 

ビルの性能は使い勝手次第

 

東京都においても災害情報網の整備をすべきだと思う。災害のための情報収集と情報伝達には、3つのステップが考えられる。第1は災害前の予測・予知の精度の向上、第2は災害直後の情報の速報性、広域性、正確さの問題、第3は災害避難情報の避難場所と避難路の指示の問題とがある。避難路を指示するのには、ニューヨークのようにX軸とY軸が、アベニューとストリートではっきりしているところは、そのデジタル情報を与えられるわけです。そうじゃなくて、ボストンのような曲がりくねっている路の多いところでは、お堀に沿って走れとかいうようなシンボリックなアナログ情報で避難路の指示をした方がよい。

東京にも少し前までは都電通りがあったが、都電がなくなりましたので、また都電を増やしたらおもしろいんじゃないかと思います。ぜひ都電通りを復旧していただけば、昔を懐かしむ者もいるし、排気ガスが少くなりますし、避難経路にもイメージ情報を与えることができる。

渋谷のランドマークは忠犬ハチ公ですが、東京の主な場所にランドマークのないところはつくるべきである。若者でもわかるような、そういう土地の名所というものを意識的につくって、それを使って避難路を指示すべきではないかという感想をもっております。

昭和54年頃、巨大ビル管理システムという研究会をつくりまして、私が委員長になって、菊竹さんに手伝ってもらったことがあります。巨大ビルと、地下街のコンピューターネットワークとか、セキュリティーの問題をやったのです。ビルというのは、建物のきれいさとか、建物の大きさとかいうので宣伝をするわけですが、建物の使い勝手がいいという話は余り聞いたことがないという話をしたことがあります。その時菊竹さんはビルの使い勝手がいいというのはビルの性能だというんです。工学においてこの機械は使い勝手がいいということを性能がいいといいますが、ビルの性能というのはそれまで聞いたことがありませんでした。ビルの性能というのは、どんなに設備がいいかという問題ではなく、それをいかに動かすかという管理、運用の問題です。いまだに、このビルは使い勝手がいいとか、この病院は使い勝手がいいなんてあまりいわれていないのです。私は、入院経験が22回もありますが、この病院は使い勝手がいいというものは数少ない。

大きな病院で特にいけないのは、エレベーターとかエスカレーターのつけ方が非常にまずいという面です。特に手術患者のエレベーターと一般患者のエレベーターと、それから見舞いのエレベーターが渾然一体となっていますが、非常にまずいことのように思われます。大学の建物は5階で、歩いて階段を上るというのが常識でありましたから、学生のためのエレベーター、エスカレーターの使い勝手が非常にまずい。日本の首都高速道路もそのような欠点がありまして、1車線で事故が起きると、反対車線までそれを眺めてのろのろ運転になり渋滞します。入口はそのままにして出口を増やすと、自然解消で2割位は助かるんです。

首都高速でどこで渋滞するか、わかっているんですから、箱崎の辺とか、ニューオータニの前あたりで出口をつくってパッと出られるようにする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から