日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


被害が10兆円だそうで、そのためにあと復旧に10兆円つぎ込んでいるんです。当然もとに戻るはずが、全く戻っていない。昔の活気がどこにもない。あの10兆円はどこに消えたか。

これは市役所が使ったものですから、全部型通りの広場ができました、街路樹が入りましたというもので、全部公共事業だらけで民間活力が全然消えちゃっているわけです。あんなことなら10兆円減税してくれたほうがいいんです。10兆円減税していれば、会社は本社を移すし、商売人は行くし、だと思うんです。

 

菊竹 例えば、海岸のテトラ。あれなんか全くむだだという感じがします。そして堤防を延々と、人が住んでいないようなところまで海岸線にずっと堤防をつくっている。津波が来たら浸食するというんです。

だけど、じゃ江戸時代はどうやったかといえば、虹の松原でごらんのように砂浜にして、そこに松を植えて、そこで津波がプロテクトしますから、景観もよくなるし、そして緩い砂浜で波も防げるし、海水浴もできる。それで防災や何かの問題は何もないわけです。

それがとにかく全く不粋な、しかも高さが相当高いんです。十何メートルとかそういう防波堤をずっとつくるわけです。だから葉山の御用邸の前なんか、全くこんなものをだれのためにつくるのか。それが100年とか200年に1回しか来ないなんて、たまには来たっていいんです。そういう発想が役人の頭の中にはないんじゃないかと思う。

そして、テトラも全くルーチンワークですよ。業者と結託しているんじゃないかと疑りたくなるほどです。とにかくあれはどんどん沈下していくんです。だから入れても入れても賽の河原で、何の役にも立たないものなんです。

 

日下 あれは川の上流にダムをつくるから、土砂が出てこないんです。ダムの中にたまっているわけです。それをとってテトラポットに加工して下に置いているわけです。

 

菊竹 海面上昇、あれは国土地理院の調査の結果があります。そして、高低でちゃんとどこまで浸水するかという地図があります。2050年で一番大きな数字は、10m水位が上がるという計算なんですが、これは相当大変なことです。かみそり堤防が全部だめです。だから別の方法で考えないとだめです。

やっぱり相当力を入れているのはオランダです。オランダは戦々恐々としているわけです。今つくっている堤防がほとんど役に立たなくなる。そのためにオランダの国は、こんど高層建築のスタディをやり始めたんです。

あんなチューリップをつくっているオランダみたいな水平都市がせいぜい1階とか2階建てしかないような、そういうところが高層建築をやり始めた。都市を高層化して水没を避ける。建前は、オランダの植民地だったインドネシアの過密都市対策で、人口の集中してくる都市のスタディだということで予算を取っているんだそうですけれども、本当は自分の国なんです。

 

平山 1m、2m海水が上がっても、1m分だけ床が高い、最初からそういう家で、しようがないから1階は、そのころは使えないけど、ただ柱だけが残るという都会をつくる。最初から1階部分は、水が入ればもうそのまま水が流れるようにしたらいいじゃないかというわけにはいかないんですか。

 

菊竹 都市は輸送の問題もありますし、どこまでどんなふうに波及していくかという、つまりシステム的にやる必要があるわけです。みんな水位の問題はわりあいのんきに構えているが、高低差で浸水してくると、どこまでもそれが行くわけです。

地震だと大体において30秒ぐらいで終わっちゃいますが、水害というのは延々と増えてきて、いつ終わるかわからない。上流のほうで雨が降っていると増えてくるわけです。その恐ろしさはやっぱり経験がないとわからないんです。

 

古川 福岡の大豪雨で、市内のビルの地下で1人亡くなりましたね、飲食店の従業員でしたか。僕は第2室戸台風のときに経験しましたが、地階が水没するのは1分です。

研究ファイルは山ほどある、スライドが棚いっぱいある。持てるだけでも持ち出そうと部屋に飛び込んだら水はもう腰まで来ていた。辛うじて泳いで出るしかなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
7,875

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から