日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


それから隅田川、荒川系統と多摩川系統を結ぶ運河だけでも大変な船遊びができるのではないかと思っているんですが、私のは遊ぶほうの話で、それを非常に役に立つ話と両方うまくかみ合わせるとおもしろいという気がいたしました。

 

菊竹 都市の開発のときに運河をうまく使ったというのは、サンアントニオという都市です。やはりループ状態に都心部を掘って、そこに公共施設なんかが立地しているんです。

 

古川 水はどこから引いているんですか。

 

菊竹 それは川から引いているんです。

 

古川 コロラド川みたいなでかい川じゃないんですね。

 

菊竹 大きい川の支流になっています。そこから引き込むときにゲートでやりますから、水位が一定になるんです。だから水運ができるわけです。その水運は非常に底の浅い船を使って、とにかくほとんど同じ目線のところでレストランでも、公共施設でもいろいろなものが眺められる。ちょっとした公園の施設なんかもよく見えますから、ものすごく親近感があって、みどりと水の人間的な環境です。それまでは全く荒れ地で、サンアントニオというのはたしか何とかの砦というのがありましたね。

 

古川 アラモの砦。志賀重昴の書いた顕彰碑があります。

 

菊竹 アラモの砦で南軍と北軍が戦争したところです。だからずっと取り残されていたところなんです。それを、運河も大した運河じゃないんですが、幅はせいぜい8mか10mぐらいしかないような。ですけれども、それをやったために、その運河のところだけは照明もついていますし、わりあい人通りもあって大変活性化しています。

水をもっと大切にする。堀をやたら埋めて道路をつくったりして、特にいけないのは、暗渠にしたほうが空間利用上いいなどといっているが、こういう考えが毒しているんじゃないかと思うんです。

水面のつくり方なんかも、神田川なんかでもそうですが、直角に土手をつくって、浅はかな知恵でぎりぎりまで利用するということをやったんです。だけど、やっぱり緩傾斜で土手まで線化していると、川が増水しても、川幅がちょっと増えるだけで別にどうってことないんです。ところが直角になっていますから、都市洪水が起こるんです。

江戸川橋なんか信じられないほどです。どこも全然浸水していないのに、そのところだけ半日とか1日ぐらい人が通れないとか車が通れない冠水が起こるんです。だから水の扱い方というのは、現代都市工学の過信があるような気がします。

 

古川 目黒川だって、中目黒のあたりで随分溢水して、床下浸水、床上浸水しました。あれは改修したが、相変わらずコンクリートでのっぺらぼうにしているから、今度大雨が降ったらどうなるんだろう。

 

菊竹 それはだめです、多分。

それで、それを避けるために地下に今度トンネルをつくって、そこに増水した水をためるというでしょう。これはもっと危険です。どのぐらい効用があるかなんていうのは専門家以外全然わからないブラックボックスにするから、全くひとりよがりの公共工事になってしまう。

だから、景観づくりを一緒にやりながら、なおかつ川の水のコントロールをやっていくという、そういう知恵はやっぱり江戸時代のほうが知恵が上だったような気がします。

 

中川 船遊びの点でいっても、これはだめです。波がいつまでも寄せて、複雑になっちゃって酔っちゃいます。

 

平山 やっぱりなだらかに土手が上がらないと。

 

中川 本当は土で草が生えていて、吸ってくれるというのが一番いいです。

第2室戸台風で浸水したのに懲りて無粋なコンクリート防潮堤をつくったのが、この頃やっと植栽が生えましたと言ったら、ばかばかしい工事をしたものだと叱られた。100年に1回ぐらいあふれたって水辺の風情のほうがいいじゃないか。

 

役に立たないテトラポット

 

日下 東京に大災害が来たとき、復旧工事をまた役所がやっちゃいかんということなんです。それも神戸へ行って如実に感じるんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から