日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


もう1つ参考になるのが北米の大運河です。左のほうがハドソン湾のジェームズベイ、ハドソン湾に盲腸みたいにくっついている小さな湾がありまして、それがジェームズ湾。でも、東京湾よりはるかに大きいです。

そのジェームズ湾を閉め切って、ジェームズ湾に流れ込む川の水をためて、ジェームズ湾全体を淡水湖に変えるというプロジェクトがあります。わかりやすくいえば東京湾を観音崎のところで閉めて、荒川、江戸川、多摩川、これでもって東京湾を淡水湖にしちゃうわけです。

淡水湖からあふれ出る水を還流させて、ポンプで上へ引っ張る。上というのは、五大湖がてっぺんのところにずらっとあるわけです。五大湖の水が今千上がって供給していた大西部から中南部のほうの平野、穀倉地帯へ給水ができなくなっちゃって、しようがないから南のほうではスプリンクラーで地下水を引いていた。今、くみ上げている水は石器時代の水になっちゃっています。

東京平野ではまだ室町時代の地下水を使っています。でも、これも急速に平安時代へ近づいています。飛行機から見ると、みんなからからにひからびちゃったまんまの砂漠になっています。これを何とかしようというので、五大湖を蘇らせて大運河を新たに穀倉地帯に張りめぐらすという計画が出てきているわけです。

この図の上の水たまりがハドソン湾。そのハドソン湾のところを閉め切る。それには中小河川がいっぱい流れ込んできているから、その水を全部集めてここで淡水湖をつくる。その淡水湖をずっとポンプアップして五大湖へ持っていく。五大湖の水をこうやって運河をつくって、穀倉地帯に給水する。

じゃポンプアップはどうするか。最初のころは普通の発電所や原子力発電所でモーターを動かす電気で供給してきた。これで上げ、水がたまってくると、そんなに大量に上げなくてもいいというので水を逆流させます。ダムをあけて放水します。それで水力発電ができる。

斎藤英四郎さんが、信濃川をせき止め、その上のほうの大きなダムで発電し、ここにたまった水を谷川岳から関東へ流しちゃって、関東の水不足を解消しようじゃないかと提案しました。これと似たような、スケールは小さいけれども、そういう発想だったんです。日本ではだれも相手にしなかったので斎藤英四郎さんは随分嘆いていました。彼の中にはちゃんと関東平野の危機というのが見えていたと思うんです。まあ、今でもご健在ですけれども、あの計画はいつの間にか消えてしまいました。

そのぐらいのスケールでやらないと、東京の問題は結局のところ解決しないんじゃないかなと思っています。

一応今までのところはマクロエンジニアリングそのもので、水周りのことを処理するとすると、それだけの巨大土木事業を考えたほうがいいということになるんですが、しかし、それで多摩丘陵に灌慨もでき、それから160m、130mの湖の水を使って、それを等高線沿いに引っ張ってきて、そこは運河として通行ができるようにする。それから100mのラインまでどんと落として、多摩丘陵の突端のところまでうまく引いてくれば、そんな段差がなくて通行もでき、水も確保できるわけです。

中国の三峡ダムの場合は200mのダムをつくるわけです。その200mを1万トンの船が通れるように7段の設計でロックポンドを連ねて、だんだん上がっていく。1本は200mを一気にエレベーターで上げ、リフトで上げ下げする。そういう、船を水に乗っけて、エレベーターで上げ下げするというのを中国が考えている。

 

バイオ・エンジニアリング

 

日本の技術力でできないはずがない。それを日本は何も考えようとしない。いかに小さくなっちゃっているか。萎縮した、もう末期症状です、この国は。

そういうロックポンド式のダムというのは、ヨーロッパだったらば南フランスヘ行くと見事なものがあります。マルセイユからずっとリヨンのほうまでつながっている。ツールーズを経由する。僕もそこをクルーズさせてもらったことがあるが、非常に優雅な、ゆったりとしたヒマワリ畑の中を等高線のまんまで進んで、それからぽんと下がって、大きなバージがそこで行き帰りするというようになっています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から