日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


今度は多摩の28の大学が連携して単位互換ということを進めるという宣言をしました。僕はそれを前から言っていたんですが、結局、東京芸大、東京工大、一橋と東京医科歯科大学を結ぶ5大学連合、外語も含めてということに今進んでいますが、見事に東京芸大からけられました。

僕はそうじゃなくて、農工大が大事だと。農工大と電通と一橋が組むという、これがこれから先のバイオの時代に絶対必要だということを言い続けているんですが、低位偏差値の大学と組んではだめなんだというばかなことを言う人がいて、結局、都立大がリーダーになって農工大、電通大までも含めた多摩連合ができ上がった。一橋はおそらく外れていくでしょう。そうするとバイオがないんです。やっぱり何といったって農工大だと思います。それから東京農大といったところと組まないとやっていけないはずです。

竹内さんがあえて今の時期にワーストケースをお出しになった。この写真を見ていただくと、とにかく区部を中心とする都心部はだめだという結論が出ているわけです。

活断層を見ると、特に、房総沖で直下型地震が起こった場合には危ない。ただ注目しているのは、活断層がはっきりはしていないけれども、どうもなさそうだというのが多摩丘陵なんです。多摩川のところに活断層が走っていて、そこが裂けることがあっても、多摩の丘陵のほうは何とか生き残るだろう。

地震が起こった、水浸しになったとき、平野部というものを無視しちゃって、丘陵部で生き残るということを考える。そのとき、水が問題になる。

 

湾全体を淡水湖に変える

 

水がどうなるだろうかと見ると、今のところ、ダムが決壊しないと仮定すれば、小河内ダムと津久井湖と相模湖、この3つがここの水源になります。それから決壊しちゃったとしてもその標高で、小河内ですと500mもあります。それから津久井湖で130m、相模湖だと160mという標高が確保できていますから、ここから水がとれる。

中国の大運河の絵です。中国の大運河というのは北京から杭州までずっと通っている。途中、天津の南の方から黄河を越えて、黄河は横断する船で進むわけですが、それから南へ入って、途中に高い丘が出てくる。それを横切って南へ伸びていく。どうしてそういうことができるんだという話なんです。

もう1つの図で、真ん中が高い丘みたいになっています。あれは地面の標高がずっと上へ上がって、それから下へ下がっていって、一番右側の端っこが杭州で、ほとんど海面と同じ標準ですが、一番高いところにもちゃんと運河が走っている。そこがつぼだと思うんです。

北京から運河が始まるというのも、北京の北のほうに円明園があって湖がちゃんとできています。あの湖が決め手なわけです。というのは、その湖に水を豊かに供給する泉がありまして、その泉は山の中腹のところからこんこんとわいている。これがたまっているわけです。それで北京が少し低いから北京全体に水が供給できて、そこが運河になるわけです。それからずっと来て黄河まで無事たどり着く。

黄河からあの辺はまだ水が豊かだから、少し高いところからも川が出てきている。あの高いところでなぜできるかというと、一番高いところに実はどういうわけか雨がよく降ってやっぱり泉がわいているんです。その泉の水を引いて、南北にニ手に分けて、それで高いところの運河の水源として機能し続けてきた。

あとはロックポンドの方式で、ロックをつくっては水をため、そのロックを開いては水を下げるということを長年にわたってやってきてそれで運河が動いてきた。それは南へも同じように行った。

ですから、至るところで小さな水源をうまく引いて水だまりをつくり、貯水池をつくって、その貯水池の水を利用しながら、だんだん船が動いていくという形で南北への水運が成り立ってきたというのが中国大運河の歴史です。

 

古川 この運河の歴史はどのくらいなんですか。

 

中川 隋の煬帝のときに確立していますから、もう1000年以上、1300年ほどです。秦の始皇帝のときは平地部だけをつなぐ運河、西のほうからずっと淮河へ来てというように平野の川を利用してつないでいたんです。元の大運河は隋の煬帝が基本をつくったんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
7,881

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から