日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


香港大学の先生方の主立った人はみんな英国人です。そういう意味で、果たしてこれからどんなふうに変わっていくか。その一方で、どっちかといえば台湾のほうに可能性があるんじゃないか、そんな印象です。

台湾が日本の植民地政策でうまくいっていた。そんなことを最近話してきたばかりです。

東京が、植民都市といったらみんなギョッとしたらしくて、日本から参加した早稲田大学の若い人が4、5人いたんですけれども、「菊竹さんから東京は植民都市だなんていう話は初めてだ」「いや、これは私の話じゃなくて、羽仁五郎さんが都市の論理の研究会でおっしゃったんだから、それを受け売りしただけです」と話をしたんです。

全く都市計画をやろうという気力がなくなっているのも、これは植民都市だからなくなっている。本当に自立したら自分たちでやらなくちゃいけないのが都市計画であり、インフラです。だけど、まだだれかがやってくれるんじゃないかというような、まだマッカーサーがいるんじゃないかという他力本願的な感じがしみ込んで、残っているんです。

 

古川 中国の遷都問題は出ませんでしたか。北京じゃ北過ぎるので、もう少し中央に戻そうという。

 

菊竹 そんなことを言ったら喜んじゃう。

 

古川 ニュースで流れていました、そんな提案が出ていると。

 

菊竹 そうですか。今、中国を支配している方々が上海派なんです。もともと毛沢東は満州から出てきているんです。

中川先生の前座をお話し申し上げました。それでは中川先生。

 

海面上昇で都市が水没

 

中川 最近、週刊誌なんかを見ていますと、必ず大震災が来るとか、それをどうやって震災にしないかということで連続で報道されていて、雑誌『ニュートン』が遂に竹内さんの直筆で東京の巨大地震というのをやりました。

じゃこれが起こったらどうなるのという話はもう皆さんがお考えでしょうから、その後どうなさいますかという話を2段目でやりたいと思っております。

 

都心部の水没

 

第1段目は、そういう大震災論というのをちょっとレビューしておいたほうがいいかなと思う。僕が一番関心を持っているのは海面上昇の徐々に来ると言われているものです。海面上昇が本当にあるときは一挙に大きくドーンと上がってくるはずなので、こちらの財団にその辺の研究はどうなっているでしょうかということを問い合わせました。

そうしたら非常にいい資料をみつけてくださったんですが、それはグラデュアルなシー・ライズの資料でした。一番最初に出ている環境庁の、英語と日本語と両方で書かれている資料ですが、これは5m海面が上昇すると日本列島はどうなるかという問題提起なんです。この絵で東京は真っ赤っかです。ほとんど都心部は全滅ということになります。具体的にイメージとして見ていくと、例えば、御茶の水駅の下に神田川が流れていますが、あれが標準水面を見る基準になる。

あそこから東京医科歯科大学のところまで随分高いように見えますが、標高点で調べると、あそこが19mとか20mしかないんです。本郷の丘がかろうじて20mです。ちょっと白山のほうへ行くともう18m、19mと低くなっています。ですから、あれが一挙に、5mだと下の辺でおさまっているけれども、津波のような格好で来た場合にはもうかなわない。狭まったところへ来るから20m、30m、ドーンと上がってきます。ですから、あそこが東京の生き残れるかどうかという境目を示している。

そうすると、東京大学がかろうじて残るかどうか。早稲田が意外と高いんです。あれは28mぐらいあります。私は文京区の茗荷谷に住んでいるんですが、ここはお茶の水女子大と元の教育大、それから今僕が勤めている拓大があります。これもやはり28mぐらいです。しかし江戸川橋のところから狭まってきているから、どうなるでしょう。

南のほうへ行くと、慶應義塾のあそこの三田の台がまたやっぱり28m、ここもぎりぎり。

そうなると、西のほうへ水がドーンと跳ねていって、わかりやすく言うと多摩川沿いに水がバーンと走っていって立川にぶつかる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
7,881

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から