日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


菊竹 本日は中川先生にお話をいただきます。その前に3、4日前に香港のシンポジウムをやりまして、私はスピーチをさせられたんです。それを2、3分ご紹介いたします。

 

東京は植民都市

 

香港と東京を巨大都市問題としてみる、というテーマでしたが、最終的には、巨大都市はパブリック・インフラストラクチャーを考え直さないとどうにもならなくなってきているという話がオチなんですが、そこで「香港というのは植民都市だ」という話から始めました。

香港はアヘン戦争で英国領になったわけです。植民都市というのがどういう役割を持っているかというのはよく考えなきゃいけない。東京も戦後、米軍に占領されて、ラディカルな言い方をすると植民都市です。軍備がなくて、アメリカに守ってもらっている。それでいろいろなものをみんなアメリカにつくってもらった。教育制度、憲法もみんなそうです。だから植民都市なんです。

植民都市がいいことは、やはり民族が混じったり、宗主国を理想と考えるようなところがある。香港も英国が理想だし、日本は、東京だったらアメリカが理想みたいになっていて、これはどうも避けがたい事実です。そしてアジアとヨーロッパなり、アジアとアメリカなりのミックスが進んでいるという点で、思いがけない1つの可能性がそこに開けるんじゃないかという私の感じていることを話したんです。

羽仁五郎さん的な言い方をしますと、植民都市というのは自分の本国でやれない理想を、実現しようという傾向があるんです。これが私の言いたかった重要な点です。カルタゴは地中海でアレクサンドリアというヨーロッパの都市をつくろうとした。地中海一の大灯台をつくり、地中海一の図書館をつくり、地中海一の港をつくろうとして、かつてない都市の実現を図ったわけです。最近、水中考古学で、クレオパトラのスタチューが出てきたりして注目されているところです。

日本も日本で実現できない都市計画を満州に出かけていって、ハルピンとか大連とか大変立派な都市計画をやっています。これが北海道の札幌でほんのわずかその片鱗が出ておりますし、それからアジア号という満鉄の、新幹線の前身が実現したりしていて、やっぱり本国でやれないことを何とかしてやるということがあるので、植民都市というのは大変可能性を持っているという話をいたしました。

その植民都市が、香港は英国との関係からまだいろいろやりようがある問題を残していると思うんですが、とにかくみどりの自然がなくなり、水も汚い。飲み水たるやもうとても飲めたものじゃない。あそこでウーロン茶とか紅茶なんて入れても飲めないぐらい、ひどくなっているんです。それから大気汚染が相当深刻に進んでいて、早晩タイのバンコクと同じように、マスクをしないと住めないという状態になるんじゃないか。

街はきれいになったというんですけれども、大気とか水、みどりはそっちのけにしてる。だから、これを直すのは大変なことで、相当本格的に自然回復を図らなきゃならない、そういうテーマがある。

日本はどうかというと、東京はスプロールを野放しにしているわけです。スプロールは都市の発展と言っていますが、とんでもないことで、これがパブリックインフラのものすごい負担になってきている。どんどん都市の財政を圧迫していくことになり、やがて閉塞状態に進んでいくわけで、根本的に何か考えていくという必要が出てきているんじゃないか。

香港に学ぶべきものは、東京の反面教師みたいなことがあると思いますし、香港のほうはまた東京に学ぶべきものが相当あるということでしょう。ということでシンポジウムの口火をまず切ったんです。

中国も、ある意味では国際的にスタビリティがあります。ユダヤと同じように金持ちが世界中に散っていますから、そういうところからいろいろな形で情報が入ってくる。ちょうど日本の江戸時代の長崎みたいな感じで、そこにうまく情報が集まってくるような仕組みを中国は考え方の土台にしているようなんです。

ところが、少し様子が変わってきて、もっとどんどん発展すると思っていたら、何か少し陰りが出てきているんじゃないかなという印象を最近受けています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から