日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


これからの問題は、空港へ出る回線の出口が他ルートでなければいけないわけです。何かあれば、何分の1かは死ぬかもしれませんが、それでも生き残っている空港機能のあることがこれからの問題ではないか。

 

佐貫 危機管理の問題、セキュリティーです。

 

未来技術はエレクトロニクス

 

古川 話を戻します。日本の先端科学技術の研究のセンター、これをぜひとも推進しないと、もう次の世代では日本は借金国に落ちぶれます。何も輸出するものがない。ですので、ネタニエフが首相のころに日本にやって来て、我が国には世界的な特許が1,500ある。日本には、これを工業化するだけの工業力がある。手を結ぼうじゃないかと。完全にばかにされている。それはなぜかといったら、やっぱり非常に独創的な研究が育つような素地があるわけです。

1つは日本人の特性もある。大きな目でものが見られない。

日本の最先端を先頭を切ってやったのがつくばです。やっとこのごろ都市機能を持ってきましたが、そういう経過があるから、京阪に学園都市をつくることになったとき、私は真っ先に、当時の関経連の会長に、2つの提案をしました。1つは、空港をつくる。空港ができれば、小型機かヘリで直接行けてすぐ会議ができる。

もう一つは進学塾を持ってくる。なぜかというと、赴任してくる先生には家族がある。何が一番心配かといったら、子供がどこにも行けないことです。地元の高校に行ったって話にならない。駿台でも何でもいいから予備校を持ってきたら、という乱暴な提案をしたんですが、全然通りませんでした。関経連は、まじめ一方ですから、みんな大笑いしておしまい。しかし、それをやらない、しかもショッピング・センターがない。そうすると、外国人がいるんです。彼らは、人里離れたところで、都会に遊びに行かなくてもへっちゃらなんです。好きな仕事ができればいいので、窓がなくても、扉さえあったらやっています。

同じことは、北陸先端科学技術大学院でも言えます。私はこの4年間ほど、学術振興会の未来開拓の仕事に携わり、委員長もやっているので、あっちに行ったり、こっちに行ったり。これが、また、ほとんどの研究の中核は外国人です。しかも、あそこには今話題のDNAチップで、アメリカと先端争いができるだけの力を持った研究所なんです。ところが、研究所の敵は、アメリカに100あるんです。日本は北陸センター1つ。これでは勝負にならない。数年たったら完全にやられてしまいます。

問題はもう一つ、バイオについては大きな誤解がある。アメリカのバイオというのは、これは専門用語ですから、生物実験というのはラテン語でイン・ビボ(IN VIVO)、生きたものの中という意味。つまり、切ってみたら、こんなに化膿していたとか、腫瘍があったとか、血管がつまっていたとかいうのがイン・ビボです。それから、試験管の中でこうして振ってやっているのがイン・ビトロといいます。ビトロというのはガラスのビトロです。これは、細菌を培養するとか、酵素の反応を見て、だからこうなっているんだというのが、イン・ビトロの研究。

今は、シン・シリカになったんです。基盤の上で。マイクロ・マシンの基盤、シリコンの基盤の上で、DNAチップのようなものです。例えばの話、こんこん咳を出だしている老人がいて、肺炎かもしれない。どうも肺炎らしい。そうしたら、血を1滴取って、ぽんとそこに置きます。この細菌は何型の肺炎双球菌であって、抗生物質のどれとどれが効くか、というのがすぐその場でわかる。培養などしなくていい。それをやりさえすれば、すぐに助かるというのが、未来図の1つとして書かれているんです。

もう完全に日本はやられているんです。日本では医者とか生物学者がやっているが、アメリカでは一人もやっていない。全部シリコンバレーでやっているんです。そういうところは全く間違っています。大阪も、美濃の山の中に学園都市をつくって、そこにバイオ研究センターをつくる。やっているやつはみんな古手の大ボスの生化学者ばかり。こんなのが戦争になるはずがない。ぜひとも、まず文部省、通産省、科学技術庁が一緒に考えてほしい。未来の技術はエレクトロニクスしかない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
7,875

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から