日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


菊竹 北海道の網走あたりの開発の話があり、あの辺一帯を空からずっと見たんです。これは簡単なことで、アラスカみたいな空港、女満別空港があるんです。あそこの空港の出口を非常にたくさんとって、そこに自家用機を何百台とアラスカのように置いて、専用の滑走路をつけようと思えばつけられるぐらいの、どこにでも止まれるような仕組みにして、あの地域全体を、工業とか、研究所とか、そういうものに変えたらいいのではないか。

その理由は防風林があるんです。非常にきれいな防風林が直線なんです。それで一定の幅があるわけです。これは国有地なんです。例えば、2,000mなら2,000mやろうと思えば、すぐ空港になってしまうわけです。そこに、例えば、幾つかの代表的な会社の研究所が来ると、そこまで飛んできて、乗りかえて自家用機で行くわけです。それが難しければ、今度は夏などの時期は、湖がいっぱいあるので、水上機を利用する。アラスカのほうは車輪の下にフロートをつけて、簡単にいくんです。だから、これは、この地域全体をそういう空港都市に考えたらどうか。

というのは、タンザニア、ウガンダ、ケニアという辺りにナショナル・パークはいっぱいあるんですが、あれは普通に行くと、車なんかで行ったら時間がかかってしょうがないんです。ナイロビで飛行機をチャーターして、ナショナル・パークの中にあるいろいろなロッジに行く。ロッジといっても英国式のすごく立派なホテルです。

目が覚めて、朝御飯を食べたら、後、また飛行機で見に行くわけです。そういうのを見ていると、これは飛行機を相当うまく使うといい。研究所というのは、日本は通産などがしきりに名前をつけてやりましたが、先端技術の超過密団地なんです。

 

佐貫 インキュベーターとか。

 

大学の中に飛行場

 

菊竹 ああいうのではなくて、英国のすぐ北の方にあるクランフィールド。都市全体の中に世界の先端技術を集めて研究所をつくっている。ホンダなども出したりしている。

大学が中心になっている。零落する英国に、何でこんなヨーロッパーのニュータウンがあるのかというスケールのニュータウンなんです。みんな、日本から行った視察の人は、研究所がいっぱいあって、産業がいっぱい張りついていると、先端技術の工場とか研究所があるというので行くと、何も見えないんです。高速道路をバスでずっと行って、そこの案内所だけ見て、映画を見て帰ってくる。

ところが、森の中に隠れたような形で入っていて立派なんです。そこに勤める研究者の住宅が、みんなタウンハウスの延長みたいに、レンガのガレージだったら、レンガで住宅をつくっているんです。ですから、新しい施設というふうに思わないんです。だけれども、中心の、クランフィールドのところのすぐそばにあるショッピング・センターは、フランスにもないような大きなショッピング・センターです。

 

日下 クランフィールド大学って、大学の中に飛行場があるんですね。

 

菊竹 2つもあります。これは、軍事費を使っている隠れた大学で、銃剣を持った人がいます。垂直離陸機などの開発、ホバークラフトの開発はクランフィールド大学が関係しています。キャンパスの中に戦車などがいっぱいあったりする。おもしろいところです。

ということで、あまり目につかないような格好で、森に囲まれていて、そこに施設をつくった。自然環境もいいし、研究者も悠々と、自分たちの村の中の1人として来て、働いて、また帰っていく。がつがつしない研究者の施設というのは、日本でも1つぐらいあっていいんじゃないか。北海道だったら、網走の5つぐらいの市町村が集まってつくる。

 

日下 東海大学があるんで、行ってみたが、寂しい。

 

佐貫 北海道の商工会議所連合会の伊藤会長は自分で道内を飛行機で飛んで、ビジネスを展開しています。ソニーの大賀氏も同じです。北海道でも旭川や道央メガロポリス地域ならすばらしい環境条件にある。とくに6月の梅雨期は、北海道にはない。

 

菊竹 防風林のところの1区画、2km区画ぐらいに温室をつくって、温室の中に自分たちの仕事場やプールをつくろうとしたことがある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から