日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


日本のファンがたくさんできる。また、医療機器をつくる技術屋を養成する。開発・製造し、メンテナンスをこなせるような技術屋さんを養成して母国へ帰してやるのがよい。

それを東京でやると同時に、札幌、仙台、広島、それからそれに準ずべき都市に拡大していけばいい。それの1つのテストケースをここでやる。東京へは外国人がたくさん来るわけですから、そういう人をたくさん養成して、まずやってみる。21世紀の地域政策は例えば北海道は原子力とか、九州は宇宙関係というように代表プロジェクトの展開を行う。できるだけ九州と北海道。そこへは、欧米人、アジア人、ロシア人、多くの外国人技術者を招く。その場合に、必ず家族を同行させ、家族ぐるみで生活が出来る都市づくりを行う。

それでは、看護婦さんたちの生活環境をどのように想定しているか。大体15畳ぐらいの部屋と6畳ぐらいの勉強部屋、おふろ場とお手洗い、完全冷暖房付き。しかも全部屋ともにバッチ・システムにしてやって、日本に来ての生活はすばらしかったということを言って帰っていただく。これが、日本とアジアをつなぐ友情のきずなである。それの総元締めが東京です。

そういうことができるようなまちづくりをやるべきだというのが、私の東京都市論です。

 

●ディスカッション

 

都市の再編成で長期戦略

 

古川 東京はますます集中化する、一極独占という結論ですが、他の都市はどうして生きていくのか。

 

佐貫 例えば、東京でやることと、地方都市でやることとを分ける。地方都市の場合には、先端技術中の先端技術でなくてもいいんです。例えば、それの企画立案をして、それを事業本部に出して、そして品物をつくる。つくるためにエンジニアリング、生産施設の設計、生産、レイアウト、メンテナンスといった事業本部(母工場)と生産工場を一体としたハードとソフトの生産機能を優先配置することが大切な戦略と考えます。3200の町村を全部成長都市にはできません。300〜400都市に再編成した上で具体的な成長戦略を展開すべきと考えています。

そうしていかないと、大阪でもだめになってしまうでしょう。大阪は、東京のようなインターナショナルな機能をもつことはできません。例えば、株式市場と金融市場は東京だけで、それに合わせて端末を引くだけでいいのではないか。そのためにインターネットとか、いろいろあるわけです。地方はだめになるというのは、3,200ぐらいの市町村のうち約8割ぐらいでしょう。それの大部分は農村・漁村地域です。ですので、そういう市町村を再編成していかざるを得なくなるのではないか。その中で、例えば、ある程度集約していく。そこで、車で通勤、通学できる範囲に集結していくほかありません。

完全に国の力でも経済法則を完全に無視した地域政策は実行できません。例えば天竜(静岡県)といったところや、北海道の80%の市町村はある程度、栄光ある撤収作戦をせざるを得ないだろう。

 

過疎地が最も多い北海道

 

古川 我々の仲間でも、徳島県から来ている人たちは、とにかく親の墓を掘り起こして東京に持ってこようとする。墓参に行っても知っている人が一人もいない。村の中には3戸しか残っていない。ある人は、一族の墓を持ってこようかという。これはもう見放し、見殺しにされるわけです。

京阪神とか、中京あたりのところはどうしますか。あれはもっと小さく分割してしまうんですか。これが一等難しい。

大阪なんか、断末魔のあがきで今もやっている。

 

佐貫 中京はトヨタ自動車とトヨタグループの協豊会263社がありますから、成長力は極めて強い。例えば、カーナビゲーション。この世界一のメーカーは、アイシンの子会社です。そういうのが名古屋の強さです。

それでは、仙台はどうなのだといったら、西沢潤一さんとか、ソニーの技術センターがあるでしょう。そういう卓抜した技術力を中心に成長戦略を展開すべきだ。

今ご指摘の最大の問題は、日本列島の中で一番過疎地域が多いのは、北海道なんです。ですので、東京でうまくいったら、それを北海道にシフトしてやる。それが必要だと思うんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,320位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
7,419

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から