日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


そして、共同溝のリース化をすることです。上水道、下水道(これは東京都がリース代を払う)、通信回線は第1電電、第2、第5電電等々、光ファイバーケーブルを使っていただくかわりにリース代を払ってもらう。

共同溝の中に東京ガスのガスパイプを入れてリース料を支払う。オイルパイプを入れれば、油送もできる。

そして、リース会社の運営は役人にやらせたほうがいい。天下り先でよい。なぜならば、お国のリース会社ですから運営の細かいところは民間の運営会社に業務委託させるべきなんです。だけれども、元締めはやっぱり役所のベースでやらないと、多元的な利害調整ができない。

 

鉄道と鉄道・道路の立体化

 

2番目は、JR、私鉄です。非常に目立っているのは中央線、横浜線の立体化。小田急の立体化。これを早急にやってもらいたい。小田急は下北沢プロジェクトです。ところが、下北沢は下をくぐると4〜5kmになる。橋脚方式にすると、5階〜6階建てになる。小田急の力では非常に難しい。とすれば、鉄建公団方式かリース方式ではないか。これを本気で検討していただきたい。

3番目は、東京の中であかずの踏切が多い。例えばJR病院の近く小田急線の踏切です。東京の中は一定の輸送密度以上のところは全部立体交差にするよう公共投資でやって、それを道路で持つか、鉄道がもつかという難問をリース方式で道路管理者と私鉄に分割払いさせる方式を検討すべきと考えます。これは、環境投資でもあるという発想で検討してもらいたいものです。

 

架橋倍増プランの実現

 

4番目は、2大環状運河と架橋倍増プランの実現です。グループ2025が約1,600m幅の運河を2本郊外につくろうではないかと提案しました。地震が来たときに、東京は立川まで類焼する。それを切断するのが2つの運河ということで、防災上の公共投資が必要になってくる。同時に、第2湾岸・第3湾岸高速道路、高速鉄道を、考える必要がある。

そして、第2・第3湾岸高速道路・高速鉄道と首都第3空港のために埋め立てを考える。その場合には、全部地下鉄も延伸して入れると。そういうやり方を考えてはいかがであろうか。その中には、例えば事務所機能、商業機能、サービス機能、住宅機能、教育、医療など複合機能ビル化する。1階と地下はレストラン・ショッピング機能、地下2F以下は駐車スペース・発電スペースなど、2階以上が事務所機能で、上の方を住宅機能にするのか、あるいは別の棟にするのかは、そのときによって考えたらよい。

 

ODA活用で高齢化社会へ対応

 

5番目の提案はODA。先端医療をはじめ多くのハイテク技術者(外国人)を養成して日本の21世紀社会の頭脳たらしめること。ODAというと頭を下げながら中国にODA資金を提供するがごとき愚策は、廃止すべきであろう。膨大な軍事費を支出するのをやめるならば、教育援助や公害防止投資に限定してという視点でのODA援助はするが、その他は廃止すべきものと考える。むしろ日本の国内にODAの資金を投資するべきではないか。それを東京では、世界の先端技術開発、先端技術者の養成とか、先端技術開発などに振り向けるべきである。その1つとして、例えば国際医療技術者、高等看護大学をODA資金でつくる。それのハイテク中のハイテクを東京で開発させてはいかがか。東京で成功したらこのプロジェクトを札幌と福岡を頭において北海道と九州に集中化してはどうであろうか。

そして先端医療技術を駆使しうるような外国人、例えばフィリピンのお嬢さんを高等看護大学に試験の上連れてきて看護大学(4年間)で、ハイテクの医療技術を駆使できるような看護婦さんに養成する。そして、帰る前に3年間東京など、外国人が多く生活している都市を中心に配置してはいかが。なぜならば、フィリピン人は英語がたん能であるから。さらにカソリック信者という精神的な側面も医療分野で特に重要ですから。

そうなると優秀なフィリピンのお嬢さんは、日本人妻になるか、それとも母国に帰ってフィリピンの大臣秘書官になるんじゃないか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から