日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


東京のセキュリティー

 

次は東京のセキュリティー問題です。東京に高度な中枢管理機能が、ナショナル・ワイドに加えて、インターナショナルワイドで集中しています。このことは光が輝く面と逆に影になる面とを併せもつことになります。そこで、国際都市のセキュリティーはどうなるか。東京都市圏のみの実証データまで作成する時間がなかったが、日本全体の外国人の犯罪者が何人かを〔表11-2〕でみてみたい。1990年、バブルのピーク時は1万8,000件であったが、8年後の1998年には4万4,000件と、2.5倍になっています。ものすごく急増しています。何が急増しているかというと、日本の場合、凶悪犯罪の殺人、強盗、強姦、放火が31.9%増となっている。そのうち強盗が2.5倍、強姦が2.9倍というふうに、第1にどうも外国人の犯罪が増えているのが特に注目すべきだと思います。

第2が、窃盗罪。これが9,000件から2万7,000件に約3倍に増えている。金庫が2、3分以内にあけられるとか、持ちだされるという事件が多発しています。第3は特別法犯が74.9%増と急増しています。麻薬、大麻等々が2.1倍ですから、1つは凶悪犯罪、もう1つは窃盗、3つ目は銃砲を含めて、麻薬等々の犯罪とが非常に増えている。

では、一体どういう国の人間が犯罪を犯しているのか。罪種別・国籍別検挙者数というマトリックス表でみると、アジア人が全部で3万7,600人ですから、アジア人のシェアは85.5%と非常に高い。石原知事が第三国人の犯罪が多いと言ったのは、この現象をソフトに表現したものです。

「第三国人」という言葉は太平洋戦争直後に進駐軍が大量に在留したために、第一が日本人で、第二がアメリカ人で、第三国人がその他というジャーナリスト用語であった。そこで、「第三国人の犯罪」といったソフトな言い方ではなく、具体的国籍ベースで言ったらいいのではないかということですと、犯罪人が一番多いのは韓国・北朝鮮で1万3,600人、30.9%、そのうち窃盗罪が7,600人、加えて特別法の麻薬等の犯罪者が非常に多い。中国が1万2,000人で27.3%です。したがって中国と朝鮮半島の国籍の犯罪人で58.2%に達しています。ということは、中国・朝鮮半島の一部の人たちが日本の法的秩序を乱しているということです。

ところで、犯罪の種別を見てますと、ベトナムは貧しいために窃盗の罪が圧倒的に多いわけですが、中国人と韓国・北朝鮮人は窃盗犯と特別犯が多い。特別犯とは麻薬関係を中心とした犯罪です。イラン、フィリピンは麻薬関係が圧倒的。そして、南北アメリカでは、来日したブラジル人の一部の人達が窃盗を働いている。犯罪の種別シェアを見ますと、窃盗罪が6割、特別法犯が約3割に達しているのですから、セキュリティーの確保をしっかりとやる必要があります。「第三国人」という言葉であげ足をとってセキュリティー問題をおろそかにするようなことがあってはなりません。法秩序の維持が大切な時代に今、日本が移行しているという現実に顔をそむけてはならないのです。

 

東京も超高齢社会

 

次に、〔表12〕で東京都市圏の年齢構造を見ますと、2000年現在で65歳以上の人が480万人おります。ところが、2025年になると850万人になるわけですからこの4分の1世紀で380万人も増えるわけです。

ところで、この時期に日本列島では80歳以上の超高齢者は1,270万人になる。とすれば、東京だけがその例外ではあり得ない。これを一体どうするのか。では、県単位で見るならば、東京都は98万人、神奈川が75万人、埼玉が64万人、千葉が56万人、それぞれ増えていく。こういう超高齢化社会への対応をどうするのだろうかという問題が残されているわけです。

 

公共投資で共同溝の建設

 

次に、5つの提案に移ってまいりたい。第1は、公共投資で「共同溝」の建設をやるべきではないか。今までは民間投資ベースで実行してゆかなければなりませんでしたが、これを「新しい方式の公共投資」でやるべきだと考えます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
7,875

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から