日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


それを絞る悪戦苦闘をやったのが松永真理さんの本に書いてあります。インターネットに入るときにパソコンではないもので入れるという発見なんだ。子供のはパソコンだろうが何だっていいし、これで俳句をする人だっている。その人にとっては筆と同じ、短冊に書いているのと同じつもり。俳句が作りたいんだから、ほかの機能は要らないんです。

 

古川 たった5・7・5だから入る、おじいさんでもね。

 

石井 考えながらゆっくりやればいいんだ。でも、若い女性なんかは速い。親指一本でティーンエージャーだったら50字ぐらい入るんじゃない。信じられないほどです。

 

日下 1分間で100字打つという人がいる。

 

石井 平均50字はいくんです。これに一回慣れてしまったら親指が使えなくなる。これもまたおもしろい。要するにポケベルで入った連中なんです。なぜ僕がこれを持っているかといえば、電波がこっちのほうが強いんです。しかし、だめなことがある。特にビルの上のほうはだめです。そのときにこちらヘバックアップしている。そういうことがないと、これだけで万能ということはない。だって、これはたかがリモコンでしょう。パソコンはそれができます。できますで全部抱え込んでしまった。だから、万能機になってしまった。形態的に小さくしているけれども、機能的には大型コンピュータと同じようになってきてしまった。エンジニアリング側はそれができることがセールスポイントだと勘違いした。

ところが、松永真理さんがやったのは、そうじゃなくて何が欲しいんだというユーザー側からのニーズから入ったのです。今まではエンジニアがこれがいいんだというのを押しつけていた。しかし、これはそんなのは要らない、これはリモコンなんだから、欲しいやつだけがこうやればいいということです。これはすぐにデジタル家電に入ります。デジタル家電をつくれる家電メーカーを持っている国はそうない。アメリカは家電をやめてしまった。デニスなんてOEMでやっている。かつてのGE社は家電王国ですから、GEの電気冷蔵庫とかいっぱいあったが、やめてしまった。あるのはアジアとか日本です。日本もどんどんアジアに出しています。だから、これをデジタル家電のリモコンだと思ってしまえば一体なんさす。これで計算をするか、その程度であって、極端に言えば計算機が別にあってもいい。

今、僕の周りの若い人を見ているとメールの7割がこれになってしまった。パソコンを使うときは長いメールとかソフトをつくるとか特殊なときだけです。人間は歩き回っているんだから、特に中小企業は。都市というのはそういうもので動き回っている。座って朝から晩までというのは特殊な職業です。大部分は商談で飛び回ったり。そのときにこれでメールが常時来ている。しかもコンマ3円で来ている。使わない方がばかです。だから、僕はばっと使ってしまう。しかも、会社の今までのシステムはアメリカ型だったが、今は別になっている。だから、こういうものを2つぐらい持っているのはいっぱいいます。

僕の周りでは3つぐらい持っている人もいます。同じ通信会社のものではありません。ドコモとJフォンとPHSとか。僕なんかはバックアップに持っている。ユーザーとして見たら、このリモコンがだめだったら別のリモコンでやればいい。これを高級化してなどということは一切考えないカルチャーが出てきた。

 

みんながよければよし、のボタン

 

日下 最初、携帯電話が出てきたとき、これは農村地帯でこそ普及すると言われたんだ。ですが、都市の人も農村で畑へ出ているようなものだというわけです。机の上に座っていないというわけです。

 

石井 それはあんまり関係ない。座っている人もいるだろう、そういう分業をしている人もいるだろうが、それはごく一部です。あるいは個人生活でも、例えば、メールをためたら大変です。メールがたまっていたら処理するだけで大変。これはためてはいけないわけです。来たときに全部処理してしまっている。

 

日下 僕は人間の上と下が変わると思っている。すぐにイエスを言える人が上に立つんだ。言えない上役は首なんだ。下の方はイエス、ノーになるような文章で送らなきゃいけないわけ。この辺についてどうですか。

 

石井 だから、秘書の訓練なんです。ほかのことをしながら、人と会いながらバイブレーションで入ってくるでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から