日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


変化に対応する都市が必要

 

要するに都市の住民が変わり、ニーズが変わり、それに対応するものをつくらなくては将来の都市は意味がないんじゃないでしょうか。例えばiモードで考えるとユーザーが来年になったら2000万人になって、我が国のインターネットユーザーの主力になります。それが都市の中を動き回るということを今までは考えてもいなかった。この新しい状況を都市問題に入れると、これは全く東京という意味、あるいは日本という意味が新しく世界都市の意味を持ってくるのではないでしょうか。

 

●ディスカッション

 

菊竹 何だか夢みたいで、よくわからない。そういうことを考えて、そして急に収入が増えたりなんかしている若い人が実際にあるわけですか。

 

石井 あります。若い人というよりも、例えば、設備投資を考えましょう。今、1兆何千億円出せる業界なんてないです。忽然として新しい分野で1兆何千億円の設備投資がどこへ出てきたか。この関連なのです。だから、無視できない。

 

菊竹 それはモバイルの器具ではなくてソフトですか。

 

石井 両方です。全部ピュアなバーチャルリアリティーもあるわけです。ところが、ハードウェアをつくらないといけません。それから、ソフトをつくるのだってオフィスが要るし、その人はものを食べるし、その部分が海外にはない。ほかは全部、日本の方が弱いんです。しかし、iモードだけは日本が強い。要するに、携帯電話にインターネットがついたものはない。

 

菊竹 スイスのWEF(世界経済会議)で調査をやって、アメリカがITの分野で第1位だというのはもちろんよくわかるんですが、第2位がフィンランドだというんです。

 

石井 そう。だから、それは全部、従来のパソコンとかウィンドウズとかという世界なんです。これにインターネットが入る。キーボードがないから親指でこうやって入力する。こういうことは極めて独創的なわけです。これが何百万台の間はみんながうーんと言っていたけれども、何千万台になり、それが月に百何十万台ずつ増えている。1年に1,000万台増えるんです。多分、パソコンからこっちヘシフトします。特にアジアを考えたら携帯電話中心になるでしょう。携帯電話からインターネットに入ろうと思ったらこのタイプです。だから、今、ドコモのiモードに対して、ほかの国は目の色が変わるんです。

僕の身辺だと、アメリカのドクターコースヘ行っている者が帰ってきましたが、帰ってきて聞くのは1つだけ。「iモードはどうなっているのか」です。向こうに情報がないわけですから。

 

日下 これがグローバルスタンダードになってしまいます。

 

石井 それはわからないが、ものすごく気にしている。アメリカンカルチャーにないですから。それが忽然として日本でゼロからぽんと出た。

 

古川 きのう、僕もそういう関係の若い連中と話したのですが、どうして日本のコンピューターメーカーがテンキーだけで動くパソコンをつくらないのかと思う。

 

石井 パソコンの発想ではないわけです。

 

古川 キーボードを変えてしまうわけです。日本の家庭にパソコンがなぜ入らないかを考えると、キーボードの前で慣れない人々が苦しんでいる。

 

石井 この延長はデジタル家電です。パソコンではない。アメリカンカルチャーは、コンピューターカルチャーから行こうとした。それしかないと思った。もう一つは全く違って、テレビのリモコンなんです。

 

古川 ははあ、大多数の人はパソコンを知らなくてもいいんですね。

 

石井 だから、パソコンなんか全く要らない。

 

日下 キーボードも要らなくなるんですね。

 

古川 坂村健さんの提案したキー配列に倣って、思い切ってテンキーだけのキーボードを作ってはどうですか。

 

石井 そこにこだわってしまうと、あんなのは要らないんです。それから、パソコンが万能過ぎた。立ち上げるために1分かかるでしょう。これも要らない、あれも要らないと消してばっかりいるんです。自分がやりたいことのためにね。ほんとうは意味ない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,320位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
7,419

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から