日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


屋根で受けた水をうまく処理すると、住宅でもかなりのビルでも、それで十分だという水量を獲得できるので、雨水はいいと言っていたのです。厳密に考えていくと、妙なことがあります。つまり酸性雨のような話がありまして、降り始めの水はかなり汚れています。そうすると雨が降ってきたときに、どこら辺までが汚れていて、どこら辺から大丈夫かという問題が出てきます。

センサーがあって、きちんとそれを決めて、降り始めの水は捨てて、一定の状態になったらためます。今度はためた水をどう使ったらいいかという、雨水の利用の仕組みが誰もわかっていません。雨水を上に揚げるには、風力で揚水するというのが一番能率がいいんです。風が吹いていなければ水は使わない、揚げない、しかし吹いてきたら高いところに揚げておきます。ビルでいえば屋上に揚げておいて、その差を使ってうまく利用するといったようなことです。

ところが最初にお話しました、おいしい水というか、人間にとっていい水とはいったい何なのかというと、よくわかりません。水をいろいろ調べておりましたら、ばい菌が適当に入った水の方がいいという説まであり、余り無菌状態にすると、かえって人間の耐菌性がなくなってしまうといいます。ほどよく汚れている水とは何なのかというと、全然わかりません。

 

1,000万都市と土

 

今、建築の世界で1,000万都市を問題にしたときには、土です。土というのは妙なものです。土をつくるのがとても面倒なんです。土をどうつくるかがうまくいかないと、植物を生かしていけません。緑と簡単に言っても、自然の土で、細菌やバクテリアをうまく保存できるような土、植物にとっての土というものが、我々はどこにでもいっぱいあると思っていたのに、そうそうありません。これはどんどん変化していきます。

例えば、チグリス・ユーフラテス川の地域は、ものすごい塩害を受けて、植物も全然生えません。塩害を受けている土を変えない限りは開発ができないわけです。それから中国でも、西から砂漠化してきている。世界がものすごい勢いで砂漠化してきています。それを止める方法として、土を変えないといけないというのが1つの問題です。ですから技術と空気と土が、この1,000万都市にはものすごく重要なテーマだということになってきています。

15年ぐらい前に、国連の仕事で、イランの開発に携わりました。イランは砂漠の問題もありますが、オイルがあるものですから、エネルギーがふんだんに使えます。使えるうちに新しい環境をつくりたい、どうしたらいいかというのです。建築で一番進んでいるのはフランスだから、フランスの技術を持ってくればいいといって、フランスの建築家たちが行きました。何をしたかというと、プレキャストコンクリートでビルをどんどんつくりました。これが向こうのライフスタイルに全く合わず、土曜、日曜になると、砂漠に行って星を見ないと精神的に安定しないという妙な問題が起きました。それからコンクリートでつくられた建物が、生理的に、生物的にどうもおかしいということで、ドイツで研究を始めました。土器を使っているところを地理的にずっとプロットすると、湿度との関係があることがわかってきました。日本も土壁を使っています。土壁を使っているというのは、あの土に非常に調湿効果があるわけです。日本で気候上、1年に2回ぐらい湿度がうんと高くなる時期があるので、乾燥するときには湿気を出して、湿度が高いときには吸ってくれるような材料を部屋の中に使っているところは、割合土壁の知識があります。それをずっとプロットすると、イランもやはり土です。

今まで日干レンガでやっていたのですが、日干レンガは非常に遅れたローテックの技術だといって、みんなばかにしていました。国連でもコンクリートがいいといっていたのですが、今は土レンガをどうつくるかを研究しています。板が2枚あり、それをボルトでつけて、土を入れ、固まってきたら外す。日干レンガをつくる技術を国連の援助でやるとは、一見ばかげているような感じですが、そういうことが起こってきています。公共建築で、内部に土を使うことをもう少しやった方がいいのではないかということで、土壁を内装に使ってみたらどうか、こっそりテストをしています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
7,875

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から