日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


菊竹 歴史の中で1,000万都市というのは20世紀末に出てきた問題で、人類にとっては非常に新しい経験で、いまだかつてない巨大都市の問題です。巨大都市が滅亡するのか、再生するのかわかりませんが、歴史的に全く出現したことのない巨大都市を、これからどう誘導したり、再生したりできるのか、そういう視点で本当は考えなくてはいけないテーマです。

マンモスの絶滅には、気候変動、地震、災害、食物がだんだんなくなってきたという説がいろいろありますが、都市は巨大化することで非常に能率がよくなっています。熱的には、確かに外部の熱変化に対して、大きい容積を持ったものが最小の面積を持っているというのは、本当は熱効率として非常にいいわけです。ですから建築の側から見ていると、非常に容積の大きなビルをつくりますと、比率として表面積が非常に少ないですから、中は冷やす一方になってしまいます。あまり暖房はしなくてもいいわけで、暖房というよりは、全体に熱をどううまく抑えていくか、冷房が主体になってくるような傾向があったわけで、ビルというのはどんどん大型になってくるのかと思っておりました。今はどちらかというと自然の環境に対して表面積を大きくとって、自然の熱的な条件を、うまく建築の中に取り入れていくことを考えていく方がいいという話も、一方で出てきています。どちらなのかがよくわかりません。

 

新鮮な室気・水の概念

 

バックミンスター・フラーさんが、都市全体を1つのドームで囲んだ方がいいという提案をしています。ミニマム・サーフェスというコンセプトで、とにかく全体を覆ってしまい、中はそれぞれで使い勝手のいいようにやったらいいのではないか。しかし例えば、新鮮な空気1つをとっても、新鮮な空気というのは概念があまりはっきりしません。空調の技術で、汚れた空気を新鮮にする方法というのはありませんから、ミニマム・サーフェスでとにかく覆って、一見非常に能率がよくなったような気がしますが、基本的に空気をうまく浄化する方法がないと、そういう原理はうまく適用できないのではないか。ですからフラーさんが、ニューヨーク全体を1つのドームでおさめたいということをいわれたのは、とてもおもしろかったのですが、やはりそういうものの底辺に必要な、もっと大変な空調技術というか、空気を新鮮にする、冷やすとか暖めるという前の、一体、新鮮な空気とは何かというような話が全く欠落していて、誰も考えていません。空調でも、ビルの設計をやるときに、外から取り入れる空気はみんな新鮮な空気と仮定しています。しかしそれは、本当はものすごく汚れている空気であったりします。

ですから、新鮮な空気というのは一体どうなのかというのは、氷に閉じこめられた南極から取り出してこなければどこにも見つからないとか、妙な話が出てきます。

水も同じです。おいしい水、新鮮な水、いい水とは一体何なのかというと、案外わかりません。しかし、火を消すのに何がいいかといろいろ実験し、化学薬品で消せば非常にいいのではないか、もっといい方法があるのではないかというと、結局水が一番いいんです。これは不思議なことです。ほかの物質でやると、別のものがそこに発生して、人間に有害であったりします。ですから水自体も、とてもおもしろい内容を持っているのだと思います。

都市が100万人ぐらいのときは、どこか遠い川の上流から水をずっと引いてきて、上水という形で供給をしていれば、それをうまくリサイクルしたり、いろいろなことをして使っていればいいというようなことになっていたのですが、1,000万人のような、考えられないぐらいの都市になると違う話になってきます。リサイクルしたり、いろいろなこともあります。特に今から20年ぐらい前までは、日本は1,000mm以上降る雨水があるので、雨水をもっと利用したらいいのではないか。雨水は全部、川に捨てて海に流しています。こんなに大量に降る先進国はありません。しかも年間を通して非常にコンスタントに降っています。雨水をもっと有効に使えばいいんじゃないかといって、雨水をどう使ったらいいかと考えたことがあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から