日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


今10年後にそうなるはずだといっているのが、5年たっても全く動いていません。その現状に対して真摯にハイパー政策を復活する。木密地の中心にハイパービルを配置するプロジェクトを展開することが大事です。

周辺区は木密地をいっぱい抱えていますから、区の都市計画のマスタープランの中に、拠点をつくっていくといった大胆な提案があればと思います。

 

歴史と文化のランドマークを

 

第6はランドマークをつくる。歴史的なランドマークで、東京はこれから世界の首都と競争しないといけません。都市間文化戦争が起こるわけですから、やはり東京のステータスを高めるためには400年、あるいは500年の東京の歴史をきちんと印象づけて、それをもう少し大事にする。歴史的ランドマークを大切にということで、ランドマークを歴史の先生にプロットさせましたが、ないんです。皇居とか、10指折るのが大変です。21世紀に残すような東京のランドマークを10挙げろというと、挙がりません。シティーホールだといって、果たして都庁が100年残るか本当に恥ずかしいんです。皇居を除いて。銀座の和光が22世紀に残るか、国立劇場が残るかとかやっていきますと、22世紀に残るランドマークが本当にありません。これはやはり由々しき事態です。それから建物周辺の立地と合わせて、ランドマークというのは周辺の景観と合わせて残るものです。東京の中心だけではなく、副都心ができるならば、東京の副都心、しかも首都圏というのは数10kmに広がっています。副都心機能とか核都市機能がありますから、随所にランドマークがないといけません。

従って、東京の歴史と文化のランドマークとは何なのか。少なくとも各区に1カ所とか、あるいは首都圏に対してどのぐらいとか、100年以上、500年残すべき世界文化遺産まではいかないまでも、日本の文化遺産として、みんなで大切にするといったランドマークをつくる。それが場合によっては駒抜きになるかもしれない。

臨海部にも産業コンビナートもあるでしょうし、20世紀の立派なものというと、ひょっとしたら、どこかの工場とか、だったらそういうものも残すというようなことで、もう1回ランドマークをきちんと記す必要があります。

 

遷都後の都市計画が必要

 

第7は遷都です。仮に東京を遷都した場合という話で、今度はソフトの話です。仮に遷都が起こったとしても、何を残していくか、首都圏の3,000万人の人が50万人ぐらい移動したとしても遷都された後の都市計画こそが大切だということと、遷都した後の対策のことを考えてみたいと思っています。

 

●ディスカッション

 

菊竹 大変怖くなるような話もありましたし、新しい問題として、どこまでやれるかということも含めて、いろいろな問題点を挙げていただきました。

 

平山 大都市のライフラインというものは人間の骨格のような感じがいたします。人間の背骨の中には神経も入っているし、血液も通っていますから、年をとるとバックボーンが老化して、血液が先まで行かなくなるのと同じように、大都市が巨大化し老化してゆくと、ちょっとしたことで、電気、水、通信が隅々まで流れなくなって仕舞うおそれがあります。

そこで巨大都市を人工的な河川で分割して、その分割した地区の人口は約10万位にうまく区分し、それらの分割した島のような地域間を大深度地下ライフラインでつないでゆけば、生物の骨のアナロジーでうまくゆくかもしれません。

巨大な生物はどのくらいまで巨大になりうるかということがありますが、それと同様に大都市もどこまで巨大になりうるかという成長の限界というものがあると思います。巨大都市をうまく分割して、その間をライフラインで接続しネットワークをつくれば、巨大化の欠点が補えて、成長の限界を大きくすることができるのではないでしょうか。

地域を分割する人工的な河川の両側の土手を広くとって緑化すれば、災害時のドミノ倒し的波及を食い止めると同時に、平常時の生活環境をよくする機能をもたせることができます。運河とお堀の機能をもたせた近代的河川を縦横にはりめぐらせて、大深度地下パイプラインを骨組みとしたライフラインをネットワーク的に構築すると、次の時代の大都市ができるような気がします。

尾島先生の第1〜第5まですべてを組合せた総合計画があると面白い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,320位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
7,419

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から