日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


これで線的に東京を再生します。50年で埋めたのだから50年で掘ればいいではないかということです。これまでの道路は車のための区画整理で容積を上げていたのですが、今度は水道と緑の道のために容積を移すということであれば、先ほどの大深度地下でもしインフラができて、容積をそこに移しかえると、交通結節点をアップゾーニングして便利になります。水道に関しては緑を大きくしています。そこをもう少し豊かに、自然と住居があるような税制の誘導が必要で、大事です。そのためには道路のための区画整理ではなく、今度は緑の、あるいは水道の区画整理を新たにやって、それがドミノを抜くための新しいインフラになっていくというのが線の提案です。

 

木造密集住宅地の復興

 

第4は面で、木密地ということです。東京直下型地震が来る確率は大変高いということです。木造密集住宅地帯、要するに環6、環8ではまだ200万所帯ぐらいが木賃アパートです。阪神のときも圧死した人とか焼死した人が6,000人もいます。阪神でさえそうですから、東京の場合はその数では済まないということがはっきりしています。このために緊急対策で、10年以内に11カ所の重点地区を指定して、木造密集住宅地帯に対しては、率先してプロジェクトを展開することになっています。でも阪神から5年経っています。この木密地が10年以内にどれほど動いたかというと何も動いていません。面的に木造密集住宅地帯をどんな形で再生するか。阪神から考えれば、やはり地域に今ある形の基準法、都市計画法の中で縛りながら、木密地の再生を住民自身の手でやらせようと思っています。これを何らかの意味で対策が立てられないかということで、ハイパーに注目しています。

逆に木密地にハイパーはできないかということで、住み分けます。同じような形の木密地では、超法規的に木密地対策をやらない限り、耐震型の密集住宅地にするのはなかなか難しいですから、次の木密地を今の形でやるのです。

東京都がうんとお金があったときに、1兆円を投資して江東区白髭の防災拠点をつくりました。白髭再開発で十字高層とか、万里の長城のような壁をつくって、そこに移したんです。何であれ白髭は1つの街を転換しました。しかしながら、その10倍以上の空間が山の手に広がっています。そこに今10兆円、20兆円のお金を投下して木密地の再生を白髭のような形でできるはずがありません。したがって今度は行政主導型ではなく、民間主導型の、しかも超法規的に、ハイパーを考えるということです。

 

超法規的な新都市計画

 

第4、5は超法規的な問題です。公共投資で環6、環8間の木密地に超高層型住宅をつくって、そこに工業、商業も入れて、建築のインフラストラクチャーで何とか安全を確保したい。スーパー舗道やスーパー林道をつくるくらいなら、都心の1,000万人近い人が住んでいるところに公共投資して、木密地を極力緑化していくということをやらなければ、ドミノが防げません。ドミノの駒抜きには、小さなドミノの駒の中に、大きなドミノをぽんと入れると止まります。ですから木密地の真ん中に高層ビルをぽんとつくると、そこで止まります。類焼は防げます。木密地の中に緑の小さな公園をつくるのも大事ですが、そこに高層ビルをつくれば壁になって、そこで止まってしまいます。木密地に相当するところは住居地域、あるいは一種住専という形で、高さを制限したり容積を規制していました。それをやめてしまい、木密地の面的なところに高層ビルをぽんとつくらせます。

そのかわり、周りを緑化します。周辺に容積が十分あるわけですから、容積をそこに移しかえて拠点的に安全基盤を整備します。要するに木密地に何かがあったときに、自衛隊がハイパービルまで空中から来られるとか、地下からアクセスできるとか、あるいはそこには防災的な拠点も蓄えられています。あるいは情報や、エネルギーの備蓄(ライフポット)があるとかいったことを、木密地の真ん中に点的に配置する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から