日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


外国人居住者の保証人

 

看護婦さんに関連してお話をしたい。フィリピンを含めて東南アジア系とか、ぜひ看護婦さんが沢山日本に来るようにしていただきたい。CSKの大川さんが東京医大にフィリピンから来た看護婦さんに奨励金を出しているそうです。早稲田にお金を出すよりは意味があったよと言われたことがあります。東南アジア地域から来た看護婦さんを日本で育てて、すぐに国に帰っちゃうと困るという話があります。私立大学でアジア系の留学生が、国へ帰って偉くなって役職につく人もいるんだけど、ほとんどその国には何の役にも立たないことを日本で研究しているんです。日本に留学して日本で勤められるようになるためのビザを発行してくれるというのか、あるいはアジア系の留学生が日本で勤められる社会環境が非常に悪い。

外国人が日本にいて職業を持つためには、保証人が要るんです。そうしないと滞在ビザを取れない。その保証人を探してくれる財団ができたらしい。韓国人の保証人になったことがあるのですが、この人が借金したらおれが背負うのかなと言う不安な気もする。日本の大学の聴講生とか研究生になると、永久ビザが取れなくても、カードがつくれると東京に居住権があるのと同様な社会習慣があります。保証人と学生証とでカードをつくることができるのです。そうすると、そのような研究生の保証人に私がなると万一カード破産のようなことが起こると怖いと思います。

 

古川 私も留学生の引き受けで公証人役場に随分行きました。保証人制度が緩和されると、大学の指導教官も助かります。

 

平山 外務省ぐらい保守的なところはない。日本の文部省もしようがないけど、外務省もしようがない気がしているのです。

それから、昔はお殿様とか、金持ちとかが芸術の保存であれ、芸術家のスポンサーであったのですが、これからは日本の大きな大学が芸術のスポンサーになるべきだと総長にいつか話していたら、その時一緒にいた篠田さんも「そうだ、そうだ」といわれ、やっと芸術に関する専門学校を早稲田でつくろうという話になりました。芸術家というのは小・中・高校時代の学業成績の悪い連中を集めて、その中から育てた方がいいと思いますが、その人達は今の早稲田大学の入試制度では入れないです。一時代前まで早稲田大学にはだめなやつが入ってきていたころがあって人材の幅が広くて、100人に1人ぐらい変わった面白い人物が出て、社会で活躍しているのです。橋田寿賀子がその一人ですが今の早稲田は受験勉強で疲れた人たちが入ってくるので、スポーツは弱くなり、特徴のある芸術家は出てこなくなってしまった。今のPTAと塾に毒された一番学業成績が優秀な人が医学部に入るんです。その被害が最近出て来たんじゃないかと思われます。一般に50歳過ぎのお医者さんは非常に立派ですけれども、30歳以下のお医者は非常にたよりない気がします。早稲田の理工学部は幸いにして今斜陽でして、10年前からだめなやつが入ってきています。これから早大理工学部は大変変わった人材が出てくることを期待しています。

ホームドクターが昔いたんですけれども、今は総合病院に医者が集まって、東京にはホームドクターが少なくなっているのでどうしたらいいんでしょう。

 

医療専門分化の害

 

古川 女医さんをホームドクターにする合意形成をして行く。女医さんにも素晴らしい力量の人がいます。そういう人は専門医になっていいんですが、大体は家庭を持って子供を育て、夫の面倒も見ている。そんな制約下では専門医は勤まりません。オペラ歌手に毎日夕飯を作れというようなものです。ホームドクターには原則女医を当てる。

看護婦問題の原点は、医療関係者の定員が足りないことです。外国から不足分を受け入れる、教育するという案は日本の身勝手です。看護学校の校長をさせられ、入学式で講話をし、父兄を交えて茶話会をします。若い娘で看護学校に入ってくる人は本当に純真で、患者のために働きたい、一途にそう思っている。だけど、定員がないと希望の勤め先に入れない。それは硬直化した官僚の誤りなんです。厚生省が旧態依然としているからです。総定員法ができて公務員数が制限されたのは随分古い話です。昭和50年代でしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
7,875

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から