日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


怠け者の医師しか雇えない病院では、その分仕事のしわ寄せが他の職員にかかります。国公立病院の看護婦は不足していますが、定員法で削減対象になって採用の余地がないのです。もっとも深刻な事態は、入院、外来とも患者数が欧米の2倍もあることです。これでは看護婦も忙し過ぎてミスを犯す危険も大きくなります。その改革は欧州では完了しました。1990年までに総合病院の数も病床数も急速に削減されました。急性病は病院へ、慢性の生活習慣病や高齢者は専門の施設へという方針です。長期療養病院ではスタッフ数は少なくて済みます。亡くなった渡辺美智雄代議士が、途上国の医師看護婦以外の医療スタッフの研修を目的にした国際医療技術交流財団を設立し、私も役員を頼まれて10数年になりますが、ODA関係などの資金で、薬剤師、栄養士、臨床検査技師、X線検査技師、保健婦、リハビリテーション要員などを総計500人以上招聰して訓練している。結論はまだ先の話ですが、多くの途上国にとっては焼け石に水です。現地の体制も悪く、途上国援助の現場にどれだけ役に立っているか心許ない感があります。来日した人も、日本で一流の技術を身につけて帰っても母国では使う施設も機材も充分でない。例えば、閉鎖循環式の麻酔器とモニターを入れても、部品や薬品が欠乏すると役に立たない。X線装置に至っては昇圧コイルが焼き切れても修理技術がない。日本では電話一本で修理専門技師が飛んできます。だから看護婦を研修に招聘したら、その分だけ現地スタッフが減ることになる。

 

ODA資金の活用

 

佐貫 そうした教育をした看護婦さんは恐らくフィリピンに帰ったら看護婦さんにならないですね。

 

古川 役人になります。それと看護学校の先生。

 

佐貫 すごい人は大臣です。それから実業界の社長や重役の秘書になる。英語ができて日本語ができてフィリピン語ができて、しかも一緒に出かけていくときにちょっと血圧が高くなっているからと検査をしたり、血液検査をやって何かわかる。

 

古川 亡くなった榊原什教授が東南アジアでも心臓の血管手術ができるようにと、基金を募って日本に呼んで訓練し、実働可能な医療チームを編成して帰しました。1例か2例の手術はできた。その後、そのチームはバラバラに引き裂かれてしまいました。なぜか。「そんな優秀なスタッフなら是非1人でもよいからくれ」という要求が相次いだのです。チームがあってこそ機能するのに、看護婦が次々と引き抜かれ、医師も1人2人と取られ、麻酔の専門技師もどこかに招かれ、どこの病院も優秀な人材を欲しがるからチームは空中分解、心臓手術なんて絶対できない元の状態に戻りました。

それからもう一つの問題は、日本の国公立病院には外国籍の受け入れ枠がない。外務省がODAでやると言っても厚生省が枠を持っていない。そういう環境に連れてこられて冷遇されれば、誰しもアメリカに行きます。残念ながら日本には来ません。

 

佐貫 日本の資金でそういう人材を養成する。生活も部屋は完全1人で10畳と8畳とダイニングキッチン、冷暖房完備。そういう形でODA資金でフィリピンから人を招く。

 

日本の税制は文化と緑をつぶす

 

菊竹 生涯で税金と自分の支出と収入の関係を私に聞いた人がいるんです。国の政策として、住宅政策には持ち家政策と賃貸政策と2つある。この人は、土地を求め住宅ローンを払い続けていくのと、自分の費用で共同住宅に賃貸で入って、あるところで移っていく、そのどっちのルートを選択したらいいのか。それは3年ぐらい前に、国の住宅政策が賃貸から持ち家へと大きく変わった。持ち家政策は、環境の問題からいうと、非常に細分化された土地、住宅ということになって文化破壊になっていく。だから、うっかり持ち家を選択していいとか、賃貸がいいとかって、あんまり簡単に喜べない。その原因は、少なくとも社会的にある程度の地位にあった方が、土地も300坪とか400坪ぐらいお持ちになっていて、1軒の木造の、きちんとしたお家をおつくりになった。ところがその方が亡くなって、いわゆる相続となる。

我々は、この建物は大変立派な建物なので、何とかして保存してもらいたいと思った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から