日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


孝行したくない親も養っているのが実情です。ですから正確には全人口に対する生産人口の比率を見なければならない。この比率を労働力率と言いますが、それで比較するとまだまだ労働力には余力があります。将来若い年代が減っても、労働力率への影響は2〜3人で1人などと言うほど深刻ではない。生産人口のすべてが働いているのではありません。日本では女性はあまり職を持っていません。それから生産人口年齢の青年が働いているか。昔は高等小学校を出るやいなや就職していました。今はそんな人はいません。ほとんどが大学進学です。その状態が今と同じで続くと仮定すると、2025年の予測就労率はほんの僅かしか低下しないのです。それとは別に、男女を含めた就労実態を見ていただきたい。先進国は日本を含めて、概ね総人口の49%が就労しています。つまり人口の約半分が働くと全員が暮らせるという図式が見えるのです。就労していない残りの半分への資本移転は、アメリカでは個人の責任ですが、スウェーデンでは完全に政府におんぶに抱っこです。日本は税や年金の不平等が制度未熟の特徴ですが、収入を老人や子供に再配分する点では同じ目的です。人間の作る社会ですから、そう極端な差はありません。制度の如何に関わらず半数が働けば全員が暮らせるのが先進国共通の姿です。

それともう一つ、途上国の人口増加が爆発的に進んで脅威になるという説ですが、途上国のいずれをとっても、先進国の後を追うように子供の出生が縮小しています。1990年のWHOの統計から取った資料でも、韓国で既に相当なスピードで出生減少が起こっています。インドネシアは典型的なピラミッド型の人口構成で、近代化はまだまだと思っていました。インドは基礎教育の普及、男女差別、階級差別などと悲観材料ばかりでした。ところが1997年の調査ではインドネシアの出生率が減り出しました。さらにさすがのインドの人口増加の暴風も止まりつつあります。結論は先進国も途上国も子供は生まれなくなりつつある。すると日本は先頭を切って若者が減るから、不足する労働人口を外国から受け入れようなんて虫の良い話は不可能になります。労働力を輸出したら自国の生産が不足します。東南アジアの国はすべてそうです。メキシコでも、ブラジルでもそうです。

 

超高齢の恐怖

 

後は超高齢の恐怖です。高齢社会が進むと介護を要する病人が激増する。そして国が滅びるという暴論があります。専門に踏み込み過ぎるので詳しい説明はしませんが、ヒトでもどんな生物でも生命力というべき数値が計算出来ます。これは生存率曲線から導き出すことができます。生命力とは具体的に何だと言われると困りますが、コップの容量だと思って下さるといいのです。コップに環境の傷害因子と内的な遺伝的傷害因子を注ぎ込む。生命力を表すコップが満杯になって溢れ出るのは、生命力が死力に埋め尽くされて死ぬ意味になります。すべての寿命モデルの理論は、生命力と死力の拮抗関係がようやく平衡を保っている間は生命は存続する。平衡が破れた時に死ぬという仮定上に成り立っています。その生命力を理論的に厳密な方法で計算した、最も新しい第18回生命表と比べると、百年前から逐次拡大してきて、このところ延びの速度がちょっと鈍る傾向にある。傾向は無視して、生命力が1995年の1.5倍になるという乱暴な条件で計算しますと、寿命はどれだけ延びるか。いかに頑張ってみても、100歳を超える人は僅かしか増えません。生命力の変化に有り得ない仮定を入れても、今と同じ罹患率なら病気の人も僅かしか増えない。子供や青少年は今以上に健康になって、事故以外では死ぬ確率は減る一方です。このぐらいの病人が世話できないでどうしますか。なにより未来は、病気で寝たきりや痴呆で分別を失いながら、長生きするのではありません。元気だから長生き出来るのです。それを大袈裟に騒ぐのはおかしな話で、どこにも正当な根拠はない。

未来社会の人口問題を解くには、ステラというダイナミクスのモデルを使うと非常に簡単です。慣れた人なら10分間で1つの国の人口モデルを作れる。一例として、山口の東和町は、あと数10年で人口が消滅すると、同僚の藤正教授が計算しています。もちろんモデルの長所を生かして、対策を検討してみますと、定年で引退した世帯を受け入れる案は全然だめと分かります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から