日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


生物学に深い理解を持たれた2代の天皇陛下を記念して、皇居北の丸の武道館の代わりに近代科学博物館を作る。ロンドン自然科学館はビクトリア女王が夫君のアルバート公の記念に作られたものです。この博物館は内容の高さから、修学旅行や東京見物の必見のサイトにする。工夫をすればディズニーランドやユニバーサル・スタジオに負けません。ミュンヘンのドイツ科学博物館やシカゴ自然科学歴史博物館、ワシントンDCのスミソニアン宇宙科学博物館などに倣って、一般国民の教養公報の中枢に位置づけると、国際的な都市としての格付けに合格します。これに並んで人文系の巨大な博物館も、ぜひ東京に作るべきです。暇な関西人が文化の香り高い国立研究所を誘致しようと熱心ですが、すでに民族文化博物館と国際日本文化研究センターがあります。民博は故佐藤栄作元首相への直訴で出来ました。日文研も中曾根総理の時代に藤波官房長官が動いて出来たものです。どちらも立派な研究者を育て、国際的にも評価されています。しかし日本の未来を担う自然科学系の国立博物館や研究センターは、理解ある人々が関係官庁にいくら申請書を出しても、書類の山の下で何年も放置されている。国立研究所を作るには、首相の直接裁可を得ないことにはダメです。

 

長寿社会は富と情報の恵み

 

少子亡国論に私見を申したいと思います。論点はかなり自己中心的な労働力不足に集約されます。しかし子供が多い場所では優秀な労働力はない。それどころか世界中で人口は収縮しているのです。途上国でさえ出生数は減っているのです。

私の生まれた前後、日本が近代国家の一員としての威信をかけて正確な国勢調査をやりました。正確な生命表も初めて作られました。大正の終わりから昭和5年にかけての大事業です。国勢調査の委員には、記念として14金の縁でスケルトンの珍しいコンパスを配っています。その頃の子供は、小学校へ入るまでに5人に1人は死んでいました。一流の企業か役所に40歳まで勤めれば部長は当然で、50歳を越えて矍鑠としていれば重役です。それが今では世界一の長寿国になったのと引き替えに、世代内競争は生涯続く災厄に見舞われた。一番の友は終生の競争相手というのでは、お受験の頃から精神もおかしくなります。

最初に、長寿社会は富と情報の恵みであると申すのを忘れていました。先進国では医療は普及化時代を過ぎて、積極的な利益は期待できない状態に達しました。一例として東大医学部卒業生の死亡統計から、生命表を描いてみます。日本では24歳から医師資格を持ちます。ですからこの生命表は24歳からしかありません。それを1995年の国勢調査に基づいた第18回生命表と比較すると、日本人全体と医師とで、何ら差がありません。つまり医学・医療の進歩によって長寿になったというのは嘘です。

少子人口減少の問題で、評論家の言っていることは皆同じで、反論するにも足りない。少子亡国というに至ってはまったく暴論です。真面目な本もあり、真面目な研究者もたくさんいますが、知恵を集めても分からないのは、何故人口が減るまでに子供を生まなくなったのかの理由です。

子供が生まれないのは、全世界的な現象です。スウェーデンでは90年の奇跡と言われる出産率増加があったのです。その理由ははっきりわかっている。それまでのいろいろの出産奨励策がエスカレートして、有給育児休暇を2年から3年に延長しました。それが効いて出産が増えた。とどの詰まりは国民の方が賢くて、そんな無理な政策には限界があることを承知の前倒し出産で、補助の多い時に産んでおこうということです。女性が生涯に生む子供の数は増えなかった。

国際的に、15歳から65歳までの人口を生産人口、65歳以上を高齢人口と定義しています。共通の基準として使われています。ところで生産人口数で高齢人口を割りますと、80年代で7.8:1です。これに基づいて当時の社会学者は、7.8人が働いて1人の高齢者を養うと説明しました。2050年を推定すると3.1:1ですから、2〜3人で1人の老人を養う。さあ大変だと騒ぎ立てました。しかしその警告は生産人口が老人を養うためだけに働いているという前提がなければ成り立たない。働いている人々は子供を養い、自分たちの生活も全て賄う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,332位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
7,881

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から