日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

東南アジア造船関連レポート20

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


2. シンガポールの海運

 

シンガポール海運業の概況(99年)

 

【1】 シンガポール港の貨物取扱量

シンガポールの国際貿易額は、99年は前年比8.1%増の3,824億Sドルであった。

一方、港湾における海上貨物取扱量でみると前年比4.4%増の3.26億トン、コンテナ貨物取扱量は前年比5.3%増の1,594万TEUとなっており、航空貨物取扱量が151万トンであることと比較すると、シンガポールにおける国際貿易量の殆どは海上貨物として輸送されていることがわかる。

これらの貨物は、国内外約320の船社により世界738港との間で輸送されている。

 

【2】 シンガポールの商船隊

1999年末現在、3,360隻、2,375万GTの船舶がシンガポール籍船として登録されている。これは前年末と比べ、それぞれ52隻減(1.5%減)、172GT増(7.8%増)となっている。

シンガポール籍船は、92年に1,000万GTを超えて以来、毎年100万GT台のペースで増加を続けてきたが、96年に入って増加のピッチを急速に早め、一挙に1,600万GT、1,700万GT、1,800万GTを超え、さらに97年8月に1,900万GT、そして、シンガポールの海事港湾庁(MPA; Maritime and Port Authority)の“2000年までに2,000万GTを超える”という当初の目標を遥かに早回り、97年10月には2,000万GTの大台に達した。さらに、98年は2,200万GT、99年には2,300万GTを超え、増加の一途を辿っている。

 

シンガポール籍船の推移

012-1.gif

 

012-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,071位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
1,896

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
20.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から