日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


8.2 ケース・スタディーで見る各社のRoPax投入にあたっての判断の実際

8.2.1 ケース・スタディー1<貨物フェリー会社の場合>

この船社は北海と英仏海峡横断航路に配船している。単なる貨物フェリー会社ではなくイギリスと大陸との間の諸航路で活動する一貫輸送事業者である。すなわち自社の車両を提供し、自社独自の標章を掲げて荷主企業にトレーラ・サービスを提供する。

海上区間で提供されるサービスは無人トレーラの輸送であるが、自社貨物だけでスペースを埋めることはできないので、全航路で他の有人トレーラ輸送事業者と競合して第三者へのスペースサービスも提供している。

この船社は自前の海峡横断サービスを開設できるだけの客筋を確保している。しかし適当な在来型貨物専用RoRoフェリーを保有していないので、A1型RoPax1隻を用船した。

この航路の所要時間は2時間なので、1日3航海を確保するには、港での停泊時間が2時間しか取れないため、この船にとって一つの決定的要素はドライブ・オン、ドライブ・スルーが可能という点である。もう一つの決定的要素はその船が用船可能だったということである。自社船を新造するには3年待たなければならない。

この船社は、同じ航路の主要なフェリー・オペレーターの毎時サービスによる毎時4便のシャトル輸送に対抗するため、さらに2隻の用船を必要としている。有人トレーラ輸送と有効に競合するには1日9航海が必要とされる。必要な2隻のうち1隻は見つかっている。

旅客輸送能力や船室は全く無関係であり、たとえあっても旅客輸送に実際に使用することはない。この船社は純然たる貨物フェリーのオペレーターであり、旅客輸送は企業の性格と相容れないので、旅客を求めて競合する意図は全くない。旅客は広範にわたる付加的な保護とサービスを必要とし、それに対処する能力をこの船社は備えていないので、したがって旅客を乗せれば問題が生じるだけである。

 

8.2.2 ケース・スタディー2<多様なサービスを行うフェリー会社の場合>

英本土の各航路に配船し、トレーラは有人・無人とも扱い、旅客輸送も行っている船社。貨物サービスの一つは、ケース・スタディー1の場合と同様、自社のトレーラを使った一貫輸送である。投入船舶はA1、A3両型のRoPaxで、新造船はヨーロッパ域内、極東の両方に発注している。

RoPaxを採用したのは貨物の他に旅客輸送も可能で、2種類の収入源を得られるからである。船舶の仕様について主要なポイントは以下の通り。

・旅客・貨物間の適切なバランス

・乗用車と貨物車の分離の可否

特に設計にかかわる事項はないが、復原性と不沈性は当然、決定的な要因である。RoPaxは貨物船であり、やせ形の船ではあり得ない。仕上りの質はきわめて重要で、内装デザインは専門コンサルタント会社に委嘱したが、船自体は船社内部の造船技師が造船所と協議して設計を決めた。

速力は単に、最大の船の稼働率を得るための所要航海時間の関数である。しかし、船社の希望と、旅客、荷主側の希望とが矛盾する場合もあり得る。貨物の輸送は速いほどよいのが普通であるが、中距離航路では旅客は、午前中の常識的な時間に下船できることを希望する。

最新のA3型RoPaxを発注するに当たって、この船社は12の造船所と接触した。この船型はどの造船所でも建造できるというものではないため、建造能力にしたがって12社を選択している。12社をすぐに、船台の空きがある半数に絞り込んだが、うち1社は、韓国、2社はイタリアの造船所であった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
828位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
11,826

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から