日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


第1章:概要

 

1.1 RoPax開発の沿革

「RoPax」という用語を最初に用いたのはAalborg Verftで、これは当時開発された新設計を指した表現だったが、その意味は旅客も乗せるRoRo船というだけのことだった。近年では旅客定員、貨物積載能力ともに大きい船をいうようになったが、この条件に当てはまる船舶は各種あるので、きわめて曖昧な用語ということになる。しかしながら、貨物も運べる客船の運航事業者は大抵の場合、貨物を副次的な輸送対象と見てきたので、貨物、旅客の双方を収入源として運航されている船と定義した方が適切といえる。一部の貨物運送事業者は、旅客を新たな収入源と見てスケール・メリットを追求する観点から投入船型を大型化し、RoPaxに適した航路に進出している。

当然のことながら船舶の設計は、市場の進展や規制環境、あるいは技術の変化に応じて進化するもので、RoPaxの設計も時とともに状況の変化に対応してきている。最近ではRoPaxの大型化、高速化が見られるようになった―これは革命ではなく、いわば進化であり、その推進力となった主な要因は、市場における各種の進展である。今後、大型化・高速化の急激な進展や推進方式の抜本的な変革が生じる兆候はない。ごく最近では船主は極東諸国の造船所に好んで発注する傾向が見られ、少なくとも設計が比較的単純な場合には、その傾向が顕著である。

 

1.2 市場を動かす諸要因

新世代のRoPaxの導入に影響を及ぼす主要因として、以下のような要素が挙げられる。

- 市場の規模と成長率

- 地域市場の特色

- 輸送対象構成の変化と他の船種や輸送形態との競合

- 事業構造と戦略

- 各種のショックや外部要因

 

1.2.1 市場の規模と成長率

ヨーロッパのRoPax市場は、旅客、貨物ともほぼ右肩上がりの輸送量の拡大を享受してきた。貨物の方が旅客より輸送量の伸びが速く、全体の伸びは年率約6%である。しかし各種の原因から、伸び率には著しい地域差がある。

貨物量の伸びの影響は、同一船型での高速化よりも主として船型の大型化に現れる。A型RoPaxとB型フェリーとの差は船型にあるので、貨物量の伸びとともにA型が次第にB型に取って代ることになる。同時に、貨物あるいは旅客専用の運航から、RoPaxを含め貨客両用の比重が高まる傾向が明瞭に見られる。

貨物専用フェリーのオペレーターが付加的な旅客運賃収入を狙って保有船をRoPaxか在来型貨客フェリーに切り替える可能性もある。しかし旅客の動きは貨物と全く異なっている。決定的な相違点は季節性である。特徴的な事例として、貨物・旅客それぞれ別個のサービス全シーズン型RoPaxに転換し、夏場はこれを高速フェリーで補完するという手法が採用されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
826位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
11,689

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から