日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

欧州におけるショピング・ファイナンス調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


個人又は部分的に個人によって所有あるいは支配されている海運会社上位20社のリストを、第5章に示す。

 

1.12 EMEの海運金融市場の動向

現在の金融市場の動向を確認するために、EMEの商業債務ポートフォリオ総計の30%を占める主要海運銀行8行に対して、非公式の聞き取り調査を行うとともに、最近出版された情報をもとに整理を行った。

金融界における海運市場に関する現在の見解は、下記のとおりである。

 

009-1.gif

 

意見の一致が多くみられ、これは、貸し手が同様に動くであろうことを示しており、海運業の周期的な変動に拍車をかけることとなろう。

商業銀行の貸付け規準は、相変わらず、健全な財政状況、優れた経営陣と実績及び高質の船舶資産である。全ての大手銀行で、企業貸付けを好み、船舶のプロジェクト貸付けを避けるという傾向が明らかにみられる。なお、事案の対象となる船舶は依然として重要であり、従来からのローン構造が変わる兆しがあまり見られない状態では、特に担保として重要である。貸付け規準は、1998/9年の間に厳しくなったが、これは低迷する海運市場や競合する銀行のプレッシャーが減少したことによるものである。相場は上昇しているが、ほんのわずかである。標準以下のプロジェクトに対して、クレジットを受けられるかどうかは問題である。

銀行が海運債務の不履行を経験したという報告は、ほんの数件であり、一般に金額的にも少額であると見られる。

 

1.13 EMEにおける海運債務や投資の利用可能性

海運市況の悪化のために、海運への資金供給に積極的にかかわる銀行の数は減少し、残りの貸し手による「質への逃避」という結果を生みだした。銀行合併の傾向はこのまま継続し、その結果、海運にとって債務の利用可能性が更に減少することになるかも知れない。一つの事例として、海運クレジットに対するヨーロッパのシンジケート・ローン市場への参加者が減少していることがある。このため、今日では、借り手が全面引き受けのあるローンの提示を受けることは、非常に困難であり、「クラブ」取引の方がより普通になってきている。

現在のところ、海運業のハイイールド債市場へのアクセスは制限されている。これは、一時的なものであるが、ハイイールド債発行者は、しっかりした成長戦略を持ち、より高い信用格付けを有する必要があるだろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
853位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
11,237

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
4.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
5.米国造船業の集約化に関する調査
6.東南アジア造船関連レポート19
7.ポーランド造船業の現状と展望
8.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
9.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から