日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会プログラム

 事業名 「現代日本のオーケストラ音楽」の開催
 団体名 日本交響楽振興財団  


人気の高い合唱曲

 

オーケストラ以外で人気の高いのは合唱曲である。柴田は戦後間もない1949年の音楽芸術誌に7回にわたって「バルトーク論」を連載した。そしてバルトークか当時未だ進歩していない録音器を持ってハンカリーやルーマニアの民謡を採取し、自己の作曲の糧にしたことを賞讃した。その行為は自然柴田の日本民謡に対するコレクション欲をかき立てた。そして73年に出来た合唱曲が「追分節考」である。これは上原六四郎の著書「俗楽旋律考」からヒントを得て作ったものである。その他合唱曲では「萬歳流し」(75)、「北越戯譜」(75)、「念佛踊」(76)と続くが、筆者は「修二會讃」(78)が特に気に入っている。これは東大寺の修二會の声明を多量に録音して整理、合唱曲にしたもので、とても感動的である。

 

014-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,619位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
1,411

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会チラシ
2.「現代日本のオーケストラ音楽」写真
3.事業報告書
4.「オルフェウス?ギリシャ神話より?」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から